生育が良かったことなどから、平年の半額ほどになっている今が旬の「白菜」。
(※平年の51%の安値 11月27日農水省調べ)

この記事の画像(17枚)

そこでレシピサービス「cookpad」に投稿された「白菜の大量消費レシピ人気トップ5」(12月2日時点)をご紹介!

麻婆やごま味噌の白菜との相性が抜群

第5位は、「麻婆豆腐の素で【麻婆白菜】」(by しじみ24)。

ひき肉100~150gを炒めたら、ザク切りしておいた白菜4分の1玉を入れる。

シェアトピ学生リポーター 三好百花:
(白菜が)すごいたっぷり。

市販のマーボー豆腐のもとや水100cc(+とろみ粉30cc)を入れ、混ぜながら煮たら、完成。

シェアトピ学生リポーター 三好百花:
白菜が麻婆の味とよく絡んでいて、とてもおいしいです。

第4位は、「豚肉と白菜のごま味噌炒め」(by まこりんとペン子)。

豚肉約300g、ニンジン1本、白菜4分の1玉を炒め合わせたら、味噌やすりごま、みりんを各大さじ2、しょうゆ大さじ1で味付け。

最後にごま油(大さじ2分の1~1)といりごま(大さじ2)をまとわせれば、ごまの風味豊かな一品が簡単に出来上がる。

煮込むだけでほろほろ食感の本格料理

第3位は、白だしを使った「白だしで簡単浅漬け♪」(by ☆ラプママ☆)。

そして第2位は、「手羽元ほろほろ煮スープ」(by mybinue)。

作り方は、下味をつけておいた手羽元10本を鍋でこんがり焼いたら、水300ccと固形コンソメ1個を入れる。

そこに白菜の芯、タマネギ(1~2個)、白菜の葉(白菜合計4分の1玉)を順番に敷き詰め、蓋をして1時間ほどじっくり煮れば、完成。

実際に作った人からは「白菜とろとろ、手羽元ほろほろ」「ほぼ煮込むだけなのに本格的な味」と人気。

材料を混ぜるだけでやみつきな白菜料理

そして1位は!「切って混ぜるだけ♡やみつき白菜」(by ☆★moe★☆)。

まず食べやすい大きさに切った白菜(4分の1玉)を小さじ1程度の塩で塩もみ。水分をしっかり絞っておく。

あとは、ごま油大さじ1、いりごまを好きなだけ、タカノツメ1本分、にんにくチューブ約2mmといった、調味料を全部入れて混ぜるだけ。

シェアトピ学生リポーター 三好百花:
ほどよい塩気が効いていて、これだったら白菜をいくらでも食べられちゃいます。

気になるレシピはありましたか?ご家族で旬をお楽しみください。

(「めざましテレビ」12月21日放送)

めざましテレビ
めざましテレビ
メディア
記事 2091