イタリアに滞在歴があり、羽田空港から入国した日本人の30代男性が、新型コロナの新たな変異ウイルス「オミクロン株」に感染していることが分かりました。日本人の感染確認は初めてです。

政府関係者によりますとオミクロン株への感染が確認されたのは、イタリアに滞在歴があり12月1日に羽田空港から入国した日本人の30代の男性です。

オミクロン株を巡っては、日本国内では成田空港から入国したナミビア人の外交官の男性と、ペルーに滞在歴のある20代の男性の2人の感染が確認されていて、国内では3例目で日本人の感染確認は初めてです。