今秋ドラフトでロッテからドラフト1位指名を受けた市和歌山高の松川虎生(18)が、24日に和歌山市内のホテルで球団と契約。契約金1億円、年俸1300万円(いずれも推定)で合意した。

178センチ、98キロ、右投げ右打ち。市和歌山高では1年春からベンチ入り、2年秋の新チームから主将を務める。高校ナンバー1右腕との呼び声もあった同級生の小園健太(18=DeNA1位)とバッテリーを組み、3年春のセンバツ出場。3年夏は和歌山大会で智弁和歌山に敗れるも、二塁送球タイム1秒8の強肩に加え、高校通算43本塁打を誇る強肩強打の大型捕手だ。

「将来、日本一の捕手に育ってほしいですし、育てたい」とドラフト後に井口監督も期待を寄せる逸材は、初めてユニホームに袖を通し「プロ野球選手になるんだという実感が湧いた」と気を引き締める。

そして、「今日の初心を忘れずにこれからしっかりとやっていきたいと思います。目標は打てる捕手になること。まずは1年目からチームの力になれるように精一杯、頑張ってチームから必要とされる選手になっていきたい」と大きな夢を抱いて、プロの舞台に飛び込む。

写真のパネルは、ロッテ本社特製パネル。松川選手が大好きな「雪見だいふく」と名前の虎生(こう)にちなみ「雪見だいこう(虎生 KOU)ふく(大幸福)」と縁起物に仕上げている。

(写真提供:千葉ロッテマリーンズ)

ロッテ来季こそ日本一へ!
日本シリーズ第5戦
ヤクルト×オリックス
11月25日(木)夜6時から

加藤忍
加藤忍

早稲田大学卒業。フジテレビ入社。スポーツ局すぽると!ロッテ担当、ヤクルト野球中継などを経て現在は報道局兼スポーツ局。

文化・スポーツ
記事 330