宮崎県日南市は10月27日、IT企業2社と事業承継に関する包括的な連携協定を結んだ。地域事業の維持と活性化を目指す。

小さな事業者が残ると「にぎわいが保たれる」

協定を結んだのは日南市と、日南市に拠点を持つIT企業の「エスプール」、それに岡山県のIT企業「ココホレジャパン」だ。

左から株式会社エスプール、日南市、ココホレジャパン株式会社の代表者
この記事の画像(5枚)

ココホレジャパンは、後継者のいない事業者と事業を継ぎたい人のマッチングサービス「ニホン継業バンク」を運営している。

今回は、事業再生の分野で展開を予定しているエスプールと、後継者問題を抱える日南市の三者が協力し、半年間の実験事業を行う。

日南市 髙橋透市長:
(小さな事業者が残ると)地域の文化もそのまま継承できるだろうし、人の動きというのがそのまま継続されるということで、にぎわいが保たれると思います。大いに期待をしていきたいと思います

日南市・髙橋透市長

三者は今後、実験事業を通して事業承継による雇用維持をビジネスモデル化したいとしている。

(テレビ宮崎)