新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種について、厚生労働省はファイザー製のワクチンを使用することを特例承認した。

ワクチンの3回目の追加接種を巡っては、厚労省は2回接種からおおむね8カ月以上経った人を
対象にする方針を示している。
厚労省は11日、3回目の追加接種にファイザー製のワクチンを使用することを特例承認した。
接種対象は現時点で18歳以上とし、18歳未満については今後、有効性や安全性についての
追加の資料が提出され次第、対象年齢の引き下げを検討することにしている。