この記事の画像(5枚)

15年ぶりの不在「しばらくの間、留守にします」

名古屋駅前のシンボル「ナナちゃん」人形が、11月9日から“お化粧直し”のため駅前を3週間ほど留守にする。

1973年に名鉄百貨店の前に登場して以来、名古屋駅前のシンボルとして愛されているナナちゃん。

午後3時過ぎ、ナナちゃんの足元に柵が設置され衣装が脱がされた。いつもの「衣替え」かと思いきや…。

リポート:
今、ナナちゃんから左腕が外されました

なんと、ナナちゃんを解体。

名鉄百貨店の担当者:
ナナちゃんはこれからお化粧直しのために、しばらく留守にさせていただきます

12月1日に控える名鉄百貨店の開店67周年に合わせ、全身をメンテナンスするというのだ。

名古屋から京都に旅立ち、お化粧直し。ナナちゃんがこの場所を離れるのは、通路の改修工事が行われた2006年以来、実に15年ぶり。街の人は…。

名古屋市民の女性:
クリスマスの衣装に模様替えかなと思って足を止めていたら、何かそうじゃない物々しさを感じたので。ここにナナちゃんがいないのは、やっぱり名古屋の人にしたら寂しい限りですよね

ナナちゃんは3週間ほどかけて京都で化粧直しを終えたあと、12月1日の朝にはリフレッシュした姿で名古屋駅前に帰ってくる。

(東海テレビ)