旧国鉄の車両「キハ205」がクラウドファンディング達成! 懐かしの内装も復活へ…“鉄道の日”にお披露目【岡山発】
FNNピックアップ

旧国鉄の車両「キハ205」がクラウドファンディング達成! 懐かしの内装も復活へ…“鉄道の日”にお披露目【岡山発】

岡山県倉敷市の水島臨海鉄道が、旧国鉄時代に使われていた車両を復活させようと行っていたクラウドファンディングが、当初の目標額を大きく上回る2300万円余りを集めて終了した。

今後、計画はどうなるのか?実現に向け大きな一歩を踏み出した関係者を取材した。

鉄道ファンだけでなく倉敷市民も応援

水島臨海鉄道 運輸部旅客係・大森史絵リーダー:
2300万円を超える応援をいただいた。非常に光栄に思っています

この記事の画像(10枚)

クラウドファンディングで集まった金額は、なんと2363万円。※(10月15日現在)

実は、8月中旬に始めて1週間で最初の目標額1300万円を達成したため、セカンドゴールを2500万円としたところ、2カ月間で1337人から2300万円を超える資金が集まった。

これは、1960年製造の「キハ205」と呼ばれる気動車を復活させようと行われたもので、集まった資金はエンジンのメンテナンスや塗装、内装をし直すために使われる。

「キハ205」は旧国鉄時代に四国で活躍し、1988年に水島臨海鉄道が購入。倉敷市内を走ったが、2017年に老朽化のため引退し、車両基地で眠っていた。

オルゴール式のチャイムなど、旧国鉄時代の面影を残すこの車両は、懐かしさを覚えるファンも多く、今回のクラウドファンディング成功につながった。

水島臨海鉄道 運輸部旅客係・大森史絵リーダー:
鉄道ファンもいらっしゃったが、「沿線で倉敷に住んでいます」という応援メッセージもたくさんいただいて、今回は沿線の方の力も非常に大きかった

水島臨海鉄道では、所有するほかの旧国鉄時代の車両も今回集まった資金で当時の色に塗装し直し、キハ205と連結するなどして、2022年10月に「鉄道の日」のイベントでお披露目したいとしている。

水島臨海鉄道 運輸部旅客係・大森史絵リーダー:
“キハ”が全国的に消えていく中で、当社が保有している「キハ205」を楽しみにしていただいて。コロナ禍ではありますが、いろいろな水島臨海鉄道をお届けできたら

(岡山放送)

岡山放送
岡山放送
メディア
記事 1008
岡山県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

FNNピックアップの他の記事

予算10億円余り…どんなものにお金がかかっている?使い道を解説…

予算10億円余り…どんなものにお金がかかっている?使い道を解説…

都道府県
脳性麻痺の女性が「ボッチャ」で目指す全国障害者スポーツ大会 …

脳性麻痺の女性が「ボッチャ」で目指す全国障害者スポーツ大会 …

ライフ

"ホテル”に住んで自立目指す…宿泊型の障がい者支援施設 コロ…

社会
キャバクラ店、土木作業を経て“作業服店”オープン 23歳シング…

キャバクラ店、土木作業を経て“作業服店”オープン 23歳シング…

ライフ
新潟県知事選挙 花角候補は実績アピールも緩み警戒 片桐候補は…

新潟県知事選挙 花角候補は実績アピールも緩み警戒 片桐候補は…

都道府県
700個以上収集「ピカ銃」コレクター 集める楽しさで

700個以上収集「ピカ銃」コレクター 集める楽しさで"町おこし”…

都道府県
一覧ページへ
×