食欲の秋を迎えているが、「野菜が高い」と感じている方も多いのではないだろうか。例年より5割も値上がりしているものもある。

鍋物など需要が増えるこの先、野菜の価格はどうなるのだろうか?

ジャガイモは大きく育たず…鍋に欠かせない葉物野菜も高騰

生鮮食料品が安いと人気の、札幌市手稲区のスーパー「キテネ食品館」で異変が起きている。

丸一泉商店 田中秀敏さん:
干ばつの影響でジャガイモが大きく育っていない。5割くらい高いです

この記事の画像(11枚)

ジャガイモは1kgで214円と例年の5割高。タマネギも1kgで117円と3割ほど高くなっている。いずれも干ばつの影響で、小さいものが多くなっているという。

さらにこれからの季節、鍋物に欠かせない白菜も高値が続いた。

丸一泉商店 田中秀敏さん:
市場の中にものが全然なかったから、店頭も極端に言えば欠品

白菜の価格は7月下旬から上がり始め、9月中旬には2020年を大きく上回り、3割から4割も高くなった。

原因は夏の「干ばつ」と、主な産地の長野県での「ひょう」の被害だった。

少しずつ北海道産のものが出回り、価格も落ち着いてきたが小ぶりだ。このスーパーでも白菜は半玉181円だったものが117円になった。

また、おでんに欠かせない大根も1本117円と価格は落ち着いている。

秋に北海道から野菜が消える!? 規格外サイズも販売

札幌市豊平区の農業専門学校「八紘学園」を訪ねた。こちらでは約40種類の野菜や果物を生産し、販売も行っている。

野菜の出来について、2021年は農家にとって試練の年だという。

八紘学園 荒井一成さん:
北海道から秋に野菜が消えると聞いたりしています

高騰しているジャガイモやタマネギの出来を聞いてみると…。

八紘学園 荒井一成さん:
ちょっと玉が小さい。例年の3分の1までとはいかないけれど、それに近いくらい少なかったです

いつもの年では売り物にはならない規格外のものでも、販売しなければならない状況だ。収穫はおおむね終わっているので、これ以上の量を見込めないという。

一方で、これから本格的な収穫時期を迎える白菜や大根は…。

八紘学園 荒井一成さん:
適度に雨は降っているのでそんなに悪い状態ではない。このまま順調にいってくれれば

ジャガイモやタマネギは高値が続きそうだが、白菜や大根は手ごろな値段になりそう。料理にも工夫が必要なようだ。

(北海道文化放送)