新型コロナウイルスによって大量に余った給食用の牛乳。それをSNSで知った金沢市内の洋菓子店の粋な取り組みが話題となっている。

緊急事態宣言で岐阜県は給食が急きょ中止に

3年前にオープンした金沢市の焼き菓子専門店。オープンキッチンで焼かれた出来立てのお菓子がずらりと並ぶ。一番人気は…

この記事の画像(10枚)

ビアンベイク 坂下寛志シェフ:
カヌレです。外はカリッと中はもっちりとしています

しかし、今だけ原材料を変えている。

ビアンベイク 坂下寛志シェフ:
岐阜県の関牛乳さんのを使っています

石川の店なのになぜ岐阜の牛乳なのか…。きっかけはSNSだった。

ツイート:
牛乳が余っています。売り上げ損失が痛い

緊急事態宣言中の岐阜県では、夏休み明けの給食が急きょ中止に。小中学校に卸すはずだった1,000リットルもの牛乳が余ってしまった。

ビアンベイク 坂下寛志シェフ:
すごく大変だと感じたので、何か手助けできればと思って

いつもの牛乳に比べ、コストは約2倍。さらに輸送費がかかる。それでも坂下さんは、50リットルを買い取り、カヌレに使用することにした。

関牛乳 吉田社長:
温かい手を差し伸べてくれて、本当に感謝しています。まとめて50本使っていただけるのはすごく助かった

「地元の牛乳を助けていただいてありがとう」と大反響

オンラインでもカヌレを販売している坂下さん。驚くべき事態が起きた。

ビアンベイク 坂下寛志シェフ:
「地元の関牛乳を助けていただいてありがとうございます」と、お礼のメッセージが出るくらい大反響いただいています

わずか3日間で、普段の40倍以上となる800件の注文が入った。そのため、店頭販売を一部休止し、さらに400リットルを買い取ってカヌレを集中的に焼いている。

ビアンベイク 坂下寛志シェフ:
スタッフもフル稼働で頑張っています。僕たちもすごく自信を持っているカヌレなので、ぜひ皆さんに味わってほしい

困ったときはお互いさま。このカヌレには、SNSがつないだ優しさが詰まっている。

(石川テレビ)