冷たいあんかけソースにモチモチ麺がからむ新メニュー

名古屋名物“あんかけスパ”の老舗店で、名古屋市中区の「スパゲッティハウス そ~れ」は、9月末までの期間限定で新メニューを提供している。冷たいあんかけソースにモチモチの麺がからむ「冷やしあんかけスパ」だ。

この記事の画像(11枚)

名古屋市中区にある創業60年の「スパゲッティハウス そ~れ」。定番メニューは、ボリューム満点の麺に熱々のソースをかけた「あんかけスパ」。

この店が8月から始めた新メニューが、丼ぶりの「冷やしあんかけスパ」(900円)だ。

女性客A:
今の季節に食べるならこっち(冷やし)の方がいいかな

男性客A:
凍ったタレが入っていて、崩して食べるんですけど…。新鮮でおいしかったです

麺の上に大きなエビフライと玉子、トマト、キュウリをのせ、あんかけソースを凍らせた茶色いキューブを添えて…。キューブには、溶けても薄くならないように工夫がされている。

このメニューは、「あんかけスパは冷たくてもおいしいことを知って欲しい」と考え出された。

女性客B:
冷たいので締まっている感じがして、モチモチ感があります

男性客B:
すごい締まって、すごいモッチリ感

冷たい状態でもおいしい麺と出会い…5年越しで開発

このモチモチ麺が特徴の“冷たいあんかけスパ”は、5年越しで生まれた。あんかけスパを作る際、通常は麺のモチモチ感を引き出すために油で麺を茹でる「油通し」をする。

しかし、油通しの後に麺を冷やすと、麺がパサついてモチモチ感が損なわれてしまう。5年間研究を重ねてきたが、満足行く味には至らなかった。そして2021年、ある転機が訪れる。

「そ~れ」の代表:
冷たい状態でもおいしい麺との出会い。冷凍の麺。食べたらびっくりするよ

100食以上の試作を経て、地元の製麺会社の冷凍麺に辿り着いた。この冷凍麺は、油通しをしなくても通常に近いモチモチ感が出るとのこと。

麺だけでなくソースも冷やしてもおいしいように、でんぷんの量を変えるなど工夫。さらに…。

「そ~れ」の代表:
普段のメニューの麺の量よりも、冷凍だと量が減ってしまうのでご飯をつけて

麺の量は増やせないため、足りない人向けにプラス50円でご飯がつく。おかわりは自由で、残ったソースにご飯を入れて食べるのがオススメだ。

あるようで無かった冷たいあんかけスパ。販売は9月末まで。

(東海テレビ)