この記事の画像(6枚)

同時多発テロから20年…コロナ禍の中でかみしめる“命”の大切さ

アメリカ同時多発テロ「9.11」の発生から20年を迎える前の9月8日、書道家の女性がジョン・レノンさんの「Imagine」の歌詞を巨大な書で展示し、平和の大切さを発信した。

名古屋市栄のオアシスで21では、午前9時半ごろからジョン・レノンさんの「Imajine」の歌詞を日本語訳にした大きな書が並べられていった。

書道で国際交流を進めている書道家の一ノ瀬芳翠(いちのせ・ほうすい)さんが手掛けた書で、名古屋の伝統文化、鳴海絞りの生地に書かれていている。

縦1.5メートル、横6メートルの生地45枚が約2時間半かけて並べられ、全長270メートルのメッセージが完成した。

この書は、アメリカ同時多発テロ「9.11」から1年後の2002年9月に名古屋駅前のビルにも展示され、注目された。

また2020年には終戦75年の節目と、新型コロナウイルスが蔓延する中で命の重みを伝えようと、「命」の書をオアシス21の屋上に展示していた。

今回の展示で一ノ瀬さんは、平和の大切さをみんなに伝えていきたいと話した。

※動画はタイムラプスで撮影、画像の一部は一ノ瀬さん提供

(東海テレビ)