武骨ながらもスタイリッシュなデザイン 組み立て式グリル

この記事の画像(26枚)

コロナ禍で人気の屋外でのキャンプやバーベキュー。愛知県日進市で、塗装業や金属加工業など専門分野が異なる3人の男性が、地域の新しい名物にしたいとバーベキューグリルを開発した。

そのグリルは、焚き火台の上に乗せるだけで鶏の丸焼き、焼き魚、焼き菓子など、様々なものを簡単に焼くことができる。

愛知県日進市にある「染川製作所」。ここでバーベキュー用の調理器具「SOME-GRILL(サムグリル)」は生まれた。

組み立て式のこのグリルを開発したのは、資源回収業の権田浩康さん(49)と塗装業の豊田秀樹さん(48)、そして金属加工業の染川和也さん(46)の3人だ。

鉄板で組み立てられたデザインは、武骨ながらもスタイリッシュ。

上部に切り込みと穴があり、高さの調節や串の角度の固定など、実用的な機能が付いている。

さらに専用の袋も付いているので、各パーツを収納でき持ち運びにも便利。

モノ作りにかける思いは同じ 試行錯誤の末に理想の焼き台が完成

このバーベキューグリルが生またきっかけは8年前、3人が所属していた地元の商工会からの依頼だった。

豊田秀樹さん:
軍鶏をイベントで焼きたいからと、商工会から(金属加工の)染川さんの方に発注がありました

まずは、イベント用に大型の焼き台を製作。

その後、小型のサイズにも挑戦したいと2020年夏、1羽用の焼き台を試作した。ところが、高さの調整がネジ式だったため、火にかけている時は熱くて調整ができない。

安全においしく焼ける焼き台を作りたい…。3人の試行錯誤が始まった。

アイデアを出すのは、ソロキャンプが趣味という資源回収業の権田さんと、ボーイスカウトの活動をしている塗装業の豊田さん。

それを金属加工のプロ・町工場の染川さんが形にしていった。

本業はバラバラでも、モノ作りにかける思いは同じ。

それぞれの持ち味を発揮し、ついに理想の焼き台が完成。価格は収納袋付きで2万1500円に設定した(送料込み)。

弱火でじっくり…グリルの実力が一番わかる丸鶏で最終チェック

この日、商品の最終チェックを行っていた。まずは、バーベキューに欠かせない火元作りから。焚き火台は、市販の普通のサイズのものを使う。

焼くのは、グリルの実力が一番わかるという丸鶏。スーパーで売っている生のものを使用する。香りづけにニンジンやジャガイモ、ニンニクを中に詰めて金属の串を刺す。

塩胡椒をたっぷりと振ったら、いよいよ焼く工程に。串を一番高いところにセットし、弱火でじっくり焼いていく。

権田浩康さん:
あとは待つだけです。こういう時間を楽しんでもらいたい。のんびりとした時間を

地元に新たな「名物」を作りたい グリルに込めた思い

待つ時間もバーベキューの楽しみのうちだという権田さん。3人はなぜ専門外のグリルの開発にここまでこだわったのか。

権田浩康さん:
商工会青年部の中でも「新しい名物を作ろうぜ」という声が何度もあったんですけど…。我々の中でくすぶっていたっていうのもあって

自分たちの力で日進に新たな「名物」を作りたい。そんな思いが原動力となり、失敗を乗り越えて完成にこぎつけた。

焼き始めから90分、いい色に焼けてきた。焼きあがった鶏肉を食べやすい大きさにカット。1羽で大人6人分になった。招待した知り合いの家族に味を確かめてもらう。

男の子:
おいしい

母親:
あの大きさだったら、家でもやろうかなって。遊びながら回してできますもんね

焼いては生地を塗るを繰り返し…バウムクーヘン作りも

焼くことができるのは、鶏だけではない。

様々な物が焼けるという意味で“サム”と付けただけあり、串焼きや焼き魚なども可能。

続いて、バウムクーヘンを焼いていく。串にスティック状のパンを刺し、ホットケーキの生地を塗ってグリルの一番低いところで焼いていく。

豊田秀樹さん:
色を付けないと年輪ができないので、焼き色を入れて

焼いては生地を塗る。これを5回繰り返すと、いい色のオリジナルバウムクーヘンの完成だ。

母親:
外が香ばしく、食べ応えがあっておいしい

鶏の丸焼きに続き、焼き菓子もうまく焼けた。

権田浩康さん:
地域経済全体が盛り上がっていったらうれしいなと思うし、そこを目指してどんどん新しいものを提案していきたいなと考えています

地域に名物をと生み出された調理器具。3人は新しいものを生み出すことで地元を盛り上げていく。

(東海テレビ)