この記事の画像(5枚)

ホテルの客室が“現代アート”に

名古屋市中村区のホテル「ニッコースタイル名古屋」で、客室を使って東海3県にゆかりのある若手アーティストの作品を展示するイベント「ART WEEKEND」が開かれた。

出展するのは東海3県の出身や、大学に通っていた20~30代の7人の若手アーティストで、ホテル11階の19部屋や1階のラウンジ、2階のエレベーターホールに、写真や空間作品など約200点が展示された。

岐阜県出身の伊藤公子さんの作品の1つは、花や風景の版画を使って浴室に立体感を作り出すアート。

また7人のほかに、東京の「GINZA SIX」や大阪の「大丸心斎橋本館」の音楽のプロデュースを手掛けるKenichiro Nishiharaさんは、自分で作成したプログラムでAIが膨大な数の音を組み合わせて作った曲を披露。

「ART WEEKEND」が開かれたのは10日から12日までの3日間。

「ART WEEKEND」
場所:ニッコースタイル名古屋 名古屋市中村区名駅5-20-13(052-211-8050)

【出展アーティスト】
・荒木由香里(立体・インスタレーション)
・飯田美穂(絵画)
・伊藤公子(版画・インスタレーション)
・植村宏木(ガラス)
・尾野訓大(写真)
・小原若菜(版画・インスタレーション)
・西原彩香(絵画)
・Kenichiro Nishihara(サウンドディレクター)

(東海テレビ)