“警察官”や“行政職員”など信頼のおける職業を名乗ってくるケースが…

コロナ禍の中での特殊詐欺では、次のような手口が報告されている。

この記事の画像(4枚)

岐阜・多治見市の80代女性の自宅に、市役所の職員を名乗った人物から「コロナの関係で8400円お金が戻ってきます」と電話が…。女性はその後、自宅を訪れた金融機関の職員を名乗る女に、通帳と現金10万円を渡してしまった。

他にも、養老町の70代男性のもとには「コロナワクチンの接種予約は終了したが、お金を振り込めば優先的に接種ができる」という電話がかかってきたという。

こちらはすぐに詐欺と気付き、被害には遭わなかった。

岐阜県警の亀山警部によると、詐欺を見破るには3つのキーワードがある。

1.ATMで還付金の手続きができる
2.暗証番号を教えてほしい
3.キャッシュカードを預かります

「これらのキーワードが出てきたら“詐欺”と思うようにしてください。たとえ警察官や行政職員など信頼のおける職業を名乗っていても、すぐに電話を切って警察や家族に相談してほしい」としている。

(東海テレビ)