息子が描いてくれた“飛び出す金メダル”…一番の応援を受けて頑張れる

8月24日に開幕した東京パラリンピック。22競技・539種目に、東海3県のアスリートも出場している。

愛知・岡崎市出身の加治良美選手(かじ・よしみ 40)。パラカヌーの東京パラリンピック日本代表だ。

この記事の画像(8枚)

加治選手:
いよいよ始まるなっていうドキドキの緊張と、色々入り混じってます

パラカヌーは、バランスが取りやすいようにコックピットが広いこと以外は、健常者のカヌー競技と変わらない。

中学2年のときに、交通事故で両足を失った加治選手。2015年にカヌー協会にスカウトされ、パラカヌーを始めた。

加治選手:
競技人口が少ないというのもありまして、もう一度夢を追いかけてみようかなと

夢を追いかけた加治選手。
しかし思うような結果が出ない時期が続いた。
そんな時、背中を押してくれたのが、息子の永譜くん(8)だった。

加治選手:
息子が1年生のときに、画用紙に絵を描いた、開くと飛び出てくるようなものを作ってくれて、そこに私がカヌーに乗っている絵を描いて、金メダルがかかっているっていう。自分としては1番の応援団かなと思って、頑張れますね

競技に集中するため、13年務めた小学校の教師を辞め、練習しながら働ける名古屋の企業に転職した。

加治選手:
もう40歳になるので、なかなか体力的にきついところもあるんですけど、かなり追い込みました。自分のママが障害者っていうのを引け目に感じてほしくなくて、そこを自慢できるとか、かっこいいママって思ってもらえたらいいなと

「かっこいいママ」に…。永譜くんの支えを原動力に、東京パラリンピックでメダルを目指す。

加治選手:
パフォーマンスを最大限に発揮した結果が、表彰台のメダルっていう形に結びつけばいいなと

加治選手は9月2日の女子カヤックシングル予選2組を5位通過。4日の準決勝に臨む。

(東海テレビ)