テーブルの上に自分だけの「日本庭園」はいかが?

この記事の画像(7枚)

自宅で過ごす時間が多い中、自分で作ることができる「小さな日本庭園」が人気となっている。

白い灯ろうに、黒い岩と、苔。
まるで日本庭園のようだが、一辺が12センチほどの陶器に入っている。

その名も「苔日和」、テーブルや窓際に置くなどして楽しめる。

しかも、自分で作れるようにキットになっている。キットの中身は、かわいい灯篭に、黒石、化粧砂、そしてスナゴケという本物の苔が用意されている。

実際に作ってみると、わずか3分で黒の陶器に収まった日本庭園が出来上がった。

苔にスプレーで水を吹きかけると、乾燥して閉じていた葉が水分を吸って開く。

週に一度水を与えて、毎日、日光に2時間ほど当てれば、半年は持つそうだ。

手掛けるのは、愛知・瀬戸市にある「聖新陶芸」。

社名の通りもともとは陶磁器を扱う会社だったが、現在はこうした苔庭キットのほか、ハーブや野菜の栽培キットを中心に販売している。

苔庭キットは4年前から販売しているが、コロナ禍の巣ごもり需要で、2020年はオンラインショップで2019年の倍以上売れたという。

家にいる時間、小さな日本庭園で癒されるのもよさそうだ。

(東海テレビ)