「スケートすべてが、自分の人生でした」。

5歳でフィギュアスケートを始め、26歳で競技生活を引退。その道のりを振り返った時、こう語っていた浅田真央さん。

そのすべてを注いだ現役時代のプログラムがぎっしりと詰まったアイスショー『浅田真央サンクスツアー』が、3年に及んだ公演を終え千秋楽を迎える。

アイスショー『浅田真央サンクスツアー』より
この記事の画像(10枚)

これまで応援してくれた日本中のファンに「感謝の滑りを届けたい」と自らプロデュースした全国ツアーだ。

最初は全国10ヶ所を回る予定でスタートしたというが、この3年間に訪れた会場は延べ50会場、千秋楽まであわせると202公演にのぼる。

残すは26日から横浜アリーナで行われるラスト2公演。

節目となる200回目の公演を終えた直後の舞台裏でグランドフィナーレへと向かう心境を語ってくれた。

全力で、最後の明かりが消えるまで全力で

ーー200公演目が終わりました。すごい数字ですね?

全然実感がなくて本当に。100回の時もそうだっだんですけど1公演1公演、全力で滑ってるので、気がついたら100回行ってたんだなって思って。でも、一言じゃ難しいですね。いろんな想いがあるので…。

だだ、もうあと2公演しかないと思うと、本当に…なんかあっと言う間だったなというか、終わりの見えない旅からスタートしたものが、終わりの見える旅になって、だんだん『最後』という言葉が増えて来て…。

とにかく最後まで『全力』で、最後のフィナーレの明かりが消えるまで『全力』で滑ることが一番やりたいことです。
 

アイスショー『浅田真央サンクスツアー』より

これまでの3年間を思い浮かべながら、感慨深げな表情で語る真央さんだが、『全力』という言葉に力を込めるには訳がある。 

座長として、演出からプロデュースなど、このツアーの責任者まで務める真央さんだが、リンクに立てば、1回の公演で10曲、約40分間滑る事を自分に課して来た。

現役時代は長くても1曲4分程度の演技だったこともあり「人生でこんなにスケートを滑ることがあるんだ」と本音を語った事もあるが、現役時代に滑って来た代表的なプログラムを、ショーの全編に渡って構成。
メドレーという形で、キャストのスケーターたちと繋いでいる。

普段アイスショーが行われないような街で、初めて訪れる街で、直に自分の演技を見てもらうため、ここまで3年間で200公演を滑り続けて来た。

全国ツアーの最中に起きたコロナ禍。途中打ち切りの危機

しかしこのツアーが歩んだ、道のりは平坦ではなかった。

開始から約1年10ヶ月が経過した昨年3月。

新型コロナウィルスの全国的な拡大で、それ以降の予定が全て延期になり全国ツアーそのものの、途中打ち切りの可能性が浮上した。

真央さん自身もリンクに立てない自粛期間を過ごした。

アイスショー『浅田真央サンクスツアー』より

その後、検査、消毒、人数制限、掛け声の禁止など様々な感染予防対策を尽くして公演の継続を探り、5ヶ月後の8月にようやく再開したが、それでも一部地域では延期した公演が再度延期や、中止に追い込まれる事もあった。

コロナ禍以降、初めて満席となった昨年12月の秋田公演では大粒の涙を流すこともあった。

大勢のファンを前に涙した秋田公演

この秋田公演は、新型コロナウィルスの影響で最初に延期になった場所で、その時のチケットを、払い戻しすることなく待ち続けた観客で満席となった。会場に来たファンは「真央ちゃんを9ヶ月、チケットを握りしめて待っていました」と語った。

無事公演を終えた真央さんは、「半年以上もみなさんチケットを持って待って下さって、こうして沢山の方が来てくれた事が本当に嬉しくて。 あらためてこういう場所で滑れるって本当に幸せな事なんだなと感じました」と、涙で声を詰まらせながら語った。 

アイスショー『浅田真央サンクスツアー』練習風景

今年3月の熊本公演では、ツアーメンバーの一人の職場で新型コロナの陽性者が出て、本人は濃厚接触者に該当しなかったが、大事をとって公演を欠場した。

キャストが減り9人での公演となる中、座長である真央さんが全体の振付を修正。急ピッチで再アレンジを施し、公演を乗り切った事もあった。

こうして辿り着いた終着地がいよいよ目の前に迫る。

インタビューの最後は笑顔で

「本当に全力で滑っているから、これが終わりなんじゃないのかな?とかまだ続くのかな?と思うんですけど、実際にはあと2公演で…ちょっと感慨深いです」

ーー今度は横浜アリーナという初めての大きな会場になります。最後にして大きなチャレンジですけど?

やっぱりこの3年間の想いをすべて出し切る場所だと思うので、すべての力が無くなるまで、最後の最後まで想いを込めてみなさんに感謝の滑りを届けたいと思います。

ーー楽しみにしています。まずはお疲れさまでした。

ありがとうございました。

アイスショー『浅田真央サンクスツアー』より

現役時代の栄光と挫折、笑顔と涙。

その全てが記憶に刻まれた名演技が、まもなく見納めとなる。浅田真央が約束してくれた、最後まで全力の演技をこの目に焼き付けておきたい。
 

(取材・渡辺克樹  協力・近藤憲彦  構成、文・吉村忠史)

「浅田真央サンクスツアー千秋楽公演」FODペイパービューでライブ配信
4月26日(月)、27日(火)18:15~ ※72時間の見逃し配信あり
https://fod.fujitv.co.jp/s/ppv/ser8183

浅田真央の3年間に独占密着!『浅田真央 スマイルとともに』5月23日(日)19:00~20:55 BSフジにて放送