「万博おばあちゃん」聖火リレーを走る

この記事の画像(14枚)

新型コロナの影響で1年延期された東京オリンピックの聖火リレーが3月25日、福島県をスタートした。

東海3県でも、4月3日から岐阜・愛知・三重の順番でリレーが行われるが、市民ランナーで愛・地球博・皆勤賞の「万博おばあちゃん」も参加予定。病気を乗り越えて聖火リレーを走る。

山田さん:
欠かしたことないです、毎日やっています

聖火リレーに向け日々走るおばあちゃん。2005年の愛・地球博で、185日間毎日会場に訪れ「万博おばあちゃん」の愛称で一躍有名になった山田外美代さんだ。

あれから16年が経ち71歳になった山田さんは、4月5日に聖火ランナーとして故郷・瀬戸市を走る。

この日見せてくれたのは、東京オリンピックの聖火ランナーの資料。25日から福島県をスタートした聖火リレーは、栃木、群馬、長野を経て、東海3県には4月3日に岐阜、5日に愛知、その後三重と回る。

ただし、感染症対策の点からランナーはこんな注意も…。

山田さん: 
体調管理のチェックシートができて、自分の走る日にちをさかのぼって2週間はつけなさいと。走る当日にこれを提出する

山田さんは2019年7月に愛知の一般公募に申し込み、見事地元・瀬戸市のランナーに選ばれた。

山田さんが聖火ランナーを目指したわけは…。

山田さん:
このアルバムに、前回の(東京五輪の)開会式だけが映されているの。テレビを映しているだけなんだけど。親が「こんな素晴らしいことはないんだよ。各国から自分が力を出せるものを見出して、選手が生まれているんだからその人たちを、国を応援するためにテレビを見なさい」と言われましたね

1964年の東京オリンピック。当時、山田さんは中学3年生。授業を打ち切ってまで、テレビの前で応援したという。

山田さん:
山田佳信君というんですけど、ランナーをしたんです。今みたいに一人で走るのではなくて、一人のランナーの方の伴走として学生が参加できたんです。こんな風だったあんな風だったと教えてくれた時に、すごくやってみたいと。私も陸上部だったので、すごくうらやましかったです

同級生で陸上部だった山田佳信さん。聖火リレーについて、こう綴っていた。

<山田佳信さん>
「ほんの数秒のことであった。しかし、青い空に立ち昇っていく聖火の煙を見たときに、聖火リレーをしたと感じた」

山田さん:
すごいね。リレーに走れたという誇らしげな気持ちがここに出ています。偉いね、こういう気持ちで走りたいです

そんな山田さん、本番に向けて独自の練習を行っている。

山田さん:
いつものこれを持っていかないと。これを一応トーチに見立てて、気分はトーチです

手にしたのは、聖火リレーのトーチに見立てた、水の入ったペットボトルだ。重さは1キロ弱。本物のトーチの重さ1.2キロとほぼ変わらない。

まず自宅の庭を3周走り、 密を避けて河川敷や本番に予想されるコースを走る。

2020年10月には香川、愛媛、大阪と、聖火が走るコースを自分の目で見て回った。

しかしその数日後、突然の発熱で近くの病院に緊急搬送された。診断結果は「急性胆嚢炎」。手術が必要となったが…。

山田さん:
(手術を今年の)2月にしましょうと言われたんですけど、私がランナーをやりたいと言ったら、先生が1月7日に1か月早くして下さって。手術をして頂いて「気持ちが前に向くなら、どんな協力もします」と先生が言ってくれたのが、すごく嬉しかったです

かつての聖火ランナーへの憧れ。共に病気と闘い、走るチャンスを与えてくれた医療従事者への感謝の気持ち。様々な思いを持って、山田さんはその日を待っている。

(東海テレビ)