新型コロナウイルスの影響により延期になっていたW杯アジア2次予選が、約1年4ヵ月ぶりに再開される。

最終予選進出に向けて、3月30日に開催される“負けられない戦い”の相手は「モンゴル」だ。

3月22日に行われた日本代表の練習初日で森保一監督は、選手たちにこう活を入れた。

この記事の画像(9枚)

「自分を出せなかったとか、もったいない振り返りにならないようにどんどん自分を出して欲しいし、コミュニケーションを取って、お互い知り合って、ピッチ上で力を発揮できるように。
『これまで一緒にやってないから』とか、そんな言い訳いらない。日本のために戦って我々は勝って、いろいろな人に喜んでもらう。自分たちも価値を上げるために、しっかり準備していきましょう」

森保監督は欧州組9名とJリーグで活躍する14名を招集。

今回は、日本代表国内組であり、Jリーグで活躍する4人の選手にインタビューを行った。

西川周作選手は所属する浦和レッズでリカルド監督と交わした約束、佐々木翔選手は対人に負けない強さ、古橋亨梧選手は、同じ高校で今回も代表に選ばれている南野拓実選手の話、川辺駿選手はプロ9年目で叶えた日本代表選出などを、熱く語った。

西川周作「気づけば最年長。価値のあるプレーを」

GK・西川周作選手(34)は、代表招集時の浦和レッズ・リカルド監督の反応を聞くと「僕自身、リカルド監督に『なんとしても日本代表に復帰したい』という話はしていた。(代表に選ばれて)監督も非常に喜んでくれて、『夢をこれからも叶え続けてくれ』と、『帰ってきた時にチームに還元して欲しい』と言われました」と明かす。

同郷の友であり、同じく日本代表に選ばれた松原健選手については「健とは長い付き合いなので、健の活躍はどこへいっても、チェックはしていた。今回同じA代表でプレーできるのはうれしく思っていますし、一番に健に連絡して『代表選出やったね』って喜び合った」と話した。

また、日本代表で戦う心構えを「僕自身、気づけば最年長。今回の代表に関しては最年長なので、日本代表の価値を高めるプレーをしっかりとしていきたい」と、気を引き締めていた。

佐々木翔「対人で負けない強さを出していく」

DF・佐々木翔(31)は、1年4ヵ月ぶりの代表復帰について「まずは、試合がある、開催されることに、非常にうれしく思います。また国内組が多く選ばれてプレーする機会やチャンスがあると思っていなかったので、率直に選ばれたときはうれしかったですし、楽しみです」と笑みを浮かべた。

求められているプレーについては「僕の良さは守備であり、対人で負けない強さを出していくこと。それが出せないのは、僕が選ばれているという価値を大きく失ってしまうので、最低限、自分の良さを出していきたい」と明かした。

W杯アジア2次予選への意気込みについて聞くと「日本というチームが先へ進むために重要な一戦だと思います。勝ちを積み重ねることでチームが成長することもあると思うので、非常に重要な一戦」と語った。

古橋亨梧「試合に出たら結果を求める」

MF・古橋亨梧(26)は、1年4ヵ月ぶりの代表復帰について「モチベーション高く、いつでも呼んでもらえる準備はしていましたし、1年4ヵ月の間に結果を残すことで、もう1度(日本代表に)入れてもらえるという確信はあったので、呼んでもらえて嬉しいですし、早くプレーしたくてワクワクしています」と話す。

国内組と欧州組とのコミュニケーションについては、「僕もどちらかと言えば、コミュニケーションを取るのが苦手な方なんですけど、どんどん積極的に話をして、自分のプレーを分かってもらいたいですし、他の選手のプレーも理解してもっともっと合わせていけるようにプレーしたい」と意気込む。

また、同じ高校だった南野拓実選手に聞きたいことは「いろいろ聞きたいですね」としつつ、「例えば、海外で活躍しているので海外のことだったり、プレーのことだったり、いろいろ話をしたりしたいなと思います」と語った。

自身のストロングポイントを「裏への抜け出しや、味方を使ってゴールに向かう姿勢が持ち味なので、ボールにくるアグレッシブルなプレッシャーをかわしながら、試合に出たら結果を求めていきたい」と明かした。

川辺駿「3列目からの飛び出しは自分にしかないもの」

MF・川辺駿選手(25)は、プロ9年目にして初の日本代表招集を「小さい頃からの夢だったので、うれしいです。まずは1回1回の練習から大事にしたいと思いますし、レベルの高い選手から少しでも吸収していきたい」と積極性を見せた。

自身のストロングポイントについて「戦う姿勢をベースに自分の特長である“飛び出し”や“前に出て行く姿勢”を評価してもらって選ばれていると思います。3列目からの飛び出しは自分にしかないものだと思うので、しっかりアピールしたい」と意気込んだ。

また、日本代表で戦う心構えを「日本代表になると本当にたくさんの方が試合を見ると思うので、戦っている姿勢やチームに貢献するプレーを見て欲しい」とアピールした。
 

FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選
【日本×モンゴル】3月30日(火)夜7時より生中継
https://www.fujitv.co.jp/sports/soccer/index.html