3月24日からスウェーデン・ストックホルムで開催される世界フィギュアスケート選手権2021。

2020年の世界選手権は新型コロナウイルスの影響で中止となったが、今年は無観客で行われる。

ジュニアでの十分な実績を積み重ね、今季に活躍をシニアの場へと移した鍵山優真選手、17歳。憧れの“王者”たちからも評価され、期待集まる鍵山選手にとって、今回の世界選手権が世界デビューとなる。

“王者”に刺激を受け、一気に飛躍

この記事の画像(9枚)

2019年の世界選手権は、スタンドで観戦し、熱戦を体感した。当時、中学3年生の鍵山選手は、羽生結弦選手とネイサン・チェン選手が目の前で繰り広げた戦いに圧倒された。

彼らの演技を見て、「マジでやばい。すごすぎる。こんなの見てたら、燃えますけど、勝てない」そう、こぼした。

異次元の戦いに刺激を受けた鍵山選手は、2019~2020年のシーズンに一気に飛躍する。

幼い頃から定評のあった表現力に加え、高校1年生で4回転トゥループを習得。

2019年の全日本ジュニア選手権で優勝を果たすと、同年に出場した全日本選手権で3位となり、初の表彰台へ。ユース五輪で金メダル、世界ジュニア選手権で銀メダル、四大陸選手権で3位と、国際大会でもメダルを量産するめざましい活躍を見せた。

「いろいろな試合に出て、いろんな経験をしているので、すごく濃かった1年。自分にとって自信になったと思います」

世界ジュニア選手権のあと、鍵山選手は「すごく濃かった1年」を振り返った。

2種類の4回転を武器にシニアへ

昨シーズンは経験を積み重ね、大きな自信を手にして迎えた今シーズンには、シニアデビューを果たした。

そこで、新たな武器となったのは4回転サルコウ。すでに習得済みの4回転トゥループと4回転サルコウの2種類のジャンプで進化を続ける。

「たくさんの強敵がいるので、その中で勝っていかないと世界のトップで争えないと思うので、全日本は優勝する気持ちで頑張っていけたら」

シニアとして初めて挑んだ、2020年の全日本選手権。

まるで羽生選手、宇野昌磨選手、トップ2人への挑戦状のように、ショートプログラム2位で、勝負のフリーを迎える。

「体がガクガクしてきて、自分で『落ち着け、落ち着け』ってずっと言っていたんですけど」と、かつてないプレッシャーの中、堂々と戦い抜き、2年連続3位に。世界選手権の代表に初めて選ばれ、世界のトップスケーターを追随する位置まで駆け上がってきた。

そんな鍵山選手について“王者”2人はこう話す。

「彼の強さは負けん気の強さだったり、向上心だったり、勢いだと思っている。もちろん、それだけでは勝てないかもしれませんけど、だけど、そこが一番の武器なので」(羽生)

「まさに現代、そして次世代を担う選手です。彼は、次世代の新星ですね」(ネイサン)

目の前の演技に圧倒された2年前。そこから時を経て、鍵山選手は確かな技術と経験を積み上げてきた。高校2年生となり、17歳で迎える世界デビューに、今度は同じリンクで“王者”たちと真っ向勝負に挑む。

そして、鍵山選手は「出るからには良いものも残したいと思います。表彰台も狙っていきたいなと思っています」と意気込んだ。