ワクチン接種を担当する河野太郎規制改革相が28日放送のフジテレビ「日曜報道 THE  PRIME」に出演した。

本格化するワクチン接種について河野氏は「5月に入るとワクチン供給は増加し、供給自体が(接種の)ボトルネックにはならないのではないか」と見通しを示した。

その上で「自治体の接種のスピードに応じてワクチンが切れないように供給をしていくのが大事だ」と述べ、各自治体がワクチン不足にならないよう、必要な量を供給していく考えを示した。

また、厚労省に承認申請がだされているアストラゼネカ社のワクチンについて、承認されれば「供給が楽になる」と期待をよせた。