ワクチン接種を担当する河野太郎規制改革相が28日放送のフジテレビ「日曜報道 THE PRIME」に出演した。

河野氏は、全国3,600万人の高齢者接種に必要なワクチンを6月末までに配送することをすでに明らかにしている。

しかし一方で、高齢者への接種の順番や方法は、各自治体の判断に委ねられており、自治体側からは困惑の声も上がっている。

河野氏は番組で「全員、同時に予約を入れてください、と言えば、おそらく予約の電話は鳴りっぱなしになる」と述べ、優先順位が必要と強調した。

その上で「自治体がどのように行うのか計画を集め、どんどん公開していく」と述べ、他の自治体の参考にもなるような事例を国が集め、公表していく方針を明らかにした。