PC使用時の“手首の痛み”を和らげる

コロナ禍でテレワークへと変わり、職場以外でパソコンを使う機会が増えた人も多いことだろう。一方で、デスクや椅子、WiFiなど自宅で仕事をする環境が万全ではない人も多いかもしれない。

そんな中、テレワークでの作業がより快適になるというある商品が注目を集めている。
 

マウスを操作する手首の下をやさしく支え、手首の痛みが発生するリスクを低減することができるというリストレスト「hillock」だ。

モノづくりを通して世の中をより良い方向に変えていくという「monoto design合同会社」のメカデザイナーが、自身が悩む腱鞘炎の対策として設計したものを、今回、商品化した。

同社によると、手首が痛くなる原因の一つは「マウスを操作する際にできる、手首と机の間の空間」が関係しているという。

この記事の画像(6枚)

さらに、デスクとの接地面は高級ゲーミングマウスにも使用されているフッ素樹脂(PTFE)基材を使用することで超低摩擦を実現し、腕を左右などに動かしても、このリストレストがついてくるため、まるで手首が浮いている様なストレスのない滑らかな使い心地になったという。

胸ポケットに入るほどコンパクトで、サイズは83.3mm x 65.6mm x 21.8mm (中央部の高さ16mm)、重さは約15g。耐久性のある素材を使用し、かつ通気性も良く蒸れない設計となっている。

持ち運びもしやすい、この「hillock」は1月12日からクラウドファンディングが始まり、3月14日に終了する予定。

目標金額の10万円は既に1月20日に達成し、現在集まっている金額は84万6451円で支援者295人。(2月8日17時現在)。

クラウドファンディングを始めて約1週間で目標を達成するということは、「hillock」の人気ぶりがうかがえるが、同じ悩みを抱えている人が多いということだろうか?

リストレストは様々な商品が出ているが、手の大きさや形が人それぞれであるのにもかかわらず、今回の商品はどのようにして角度や形状を決めたのだろうか?
販売元の「monoto design合同会社」の担当者にお話を伺った。

開発者が慢性的な手首の疲労に悩み

ーー開発のきっかけを教えて

「hillock」の開発者であるデザイナー本人が、大手精密機器メーカの設計開発部門に在籍していた際に、マウス操作による慢性的な手首の疲労(疲れ、痛み、腱鞘炎)に苦しみ、その対策として本製品のプロトタイプを作ったことがきっかけです。


ーー手首を痛めるという声は多かった?

開発当時、設計部門ということもあり、マウス操作による慢性的な手首の疲労がある方は数名おられました。

「hillock」

ーー「hillock」のポイントはこの形状の角度だと思う。どうやって決めた?

角度を含めた形状は、成人男女の手首データを測定し、試作および被験者テストを繰り返して形状を決めました。


ーーこの最適な角度は人それぞれだと思うが、誰にでも合うの?

手首の大きさはもちろん、使用するマウス形状や作業内容(一般的な事務作業、マウスを細かく動かす動作、ゲームなどマウスを素早く大きく動かす動作など)、人の癖なども形状を決めるための要因となり多岐にわたります。

もちろん、使用用途を限定して形状をフルオーダーすれば、より個人にあったリストレストを作ることも可能ですが、3Dプリンターなどを利用したとしてもコストが高くなり過ぎてしまいます。そのため、多くの試作と被験者テストにより形状を最適化し改良を重ね、現在の形に落ち着きました。

初期はゴツゴツしたダサいデザイン

ーー苦労したことは?

形状を決める工程です。数十回におよぶ試作をし、初期は重くゴツゴツしたデザインでダサく写真を撮るのが恥ずかしいものでした。

試作を繰り返す毎に形状が洗練され、最終的に現在の形に行きつきました。


ーーその他にこだわった点を教えて。

手首のフィットや机との滑りやすさの追求、高い品質を確保するため日本製にしたことはもちろんですが、機能以外をそぎ落としたシンプルな形状で、選び抜かれた高性能な材料を過不足なく必要なだけ使うことに、こだわりました。無駄をなくして機能を集約することで、シンプルで壊れにくい構造にしています。

「hillock」

ーー子どもでも使えるの?

年齢にもよりますが、合わない場合があると思います。理由は、形状の決定にあたり成人男女の手首データを取得し参照しているからです。

小柄な女性にも使えるように形状を調整しておりますが、子どもだとその形状でも大き過ぎる可能性があります。


ーーどんな人が申し込んでいるの?

男性75%、女性25%で、女性の支援者様も意外と多い印象です。年代は30代、40代、20代、の順に多く大半を占めています。50代、10代の支援者様も数名いらっしゃいます。


ーー反響は?

「いつも腕が痛くてこんなのを待っていました」「手首の疲労軽減に期待してます」など多くの支援者様からあたたかいお言葉を頂いております。

何度もデザインの試作を行った

なお、クラウドファンディングで支援する金額によって、以下の特典となり、発送は2021年の5月頃を予定している。

支援額
2065円:hillock1点(先着110人限定 定価の30%オフ)※申し込み終了
2213円:hillock1点(先着220人限定 定価の25%オフ)
2360円:hillock1点(定価の20%オフ)
3935円:hillock2点(先着550人限定 定価の33%オフ)
9114円:hillock5点(先着88人限定 定価の38%オフ)
12036円:hillock8点(先着55人限定 定価の49%オフ)


デザインと機能性の両方にこだわったという「hillock」。テレワークやデスクワークで手首に負担が掛かっている…。このように感じている方は、試しに使ってみるのもいいかもしれない。
 

【関連記事】
どこでもテレワークする時代に!? コンビニに15分250円から使える“個室”が登場
絡まるイライラを解消…くるんとまとまるスマホ充電用“形状記憶ケーブル”が地味に良さそう