アメリカの有名レーベルと契約も…コロナ禍に見舞われた「飛躍の年となるはずだった2020年」

人気ロックバンド「CHAI(チャイ)」は、双子のマナとカナのツインボーカルと、ベースのユウキ、ドラムのユナの名古屋出身の4人組。「NEOカワイイ」「コンプレックスはアートなり」をコンセプトに活動。国内だけでなく、海外からも支持を集めている。

デビューから3年。徐々に人気を得、更なる飛躍の年となるはずだった2020年、コロナの影響でライブ活動が自粛に。
しかしその間、改めてゆっくりと音楽に向き合う事ができたという4人は、新たに生み出した曲で活動を再開した。
生きづらさを感じている人たちに、CHAIが新曲に込めたメッセージとは…

この記事の画像(21枚)

この日、大阪の野外音楽堂に人気ロックバンドCHAIの姿が…。8か月振りに観客を入れたライブで、あわせて9曲45分のステージだった。

2019年は1年の半分をアメリカやヨーロッパで活動。2020年にはアメリカの有名レーベルと契約した。

世界最大の音楽フェス、イギリス「グラストンベリーフェスティバル」にも出演が決まっていた。

さらにテレビCMにも起用。2020年は飛躍の年になるはずだった。

「リラックスした状態が1番良い曲が作れるとわかった」…ステイホームが音楽と向き合う時間に

しかし、コロナ禍で相次ぐ活動中止。そんな状況でも、4人はプラスに考えた。

マナ:
海外にほとんどいて、日本に帰ってきても1日とかでまた海外3週間いって。毎日ライブで、声枯れそうって思いながら…

ユナ:
アウトプットばっかりの1年だったから、インプットも全然できないような怒涛の1年というか

カナ:
家に1か月、2か月ずっといれるって今までなかったし、やっとリラックスして制作できると思って

忙しい日々、忘れていた日常。コロナ禍の中、1度立ち止まって音楽と向き合うことができた。

自宅からダンス動画を配信。体中で音楽の楽しさを表現。

ハサミ、包丁、ソファ、ほうき…子供の頃のように、音を出す喜びを感じた。

ステイホーム。家にいることで、自分を見つめ直し、それが新しい曲を作る力に。

カナ:
家でゆっくりパソコンで作るやつを、初めてやったから。それを海外のプロデューサーと…。会えないぶん、電話での会話ですごく密になったかな

CHAIが半年あまりで作った新曲は6曲も。

カナ:
リラックスした状態で1番良い曲を作れるってすごくわかった

ユナ:
やりたいことをするっていう気持ちを大切にできる期間。気持ちの面でも、すごく成長できる期間だった

ベースのユウキは、「CHAIにとってコロナが新しい日常となり、その日常が新しいCHAIだ」と話す。

「頑張るんじゃなくて、元に戻るだけでいい」…ありのままの自分を好きになろう CHAIからのメッセージ

8か月ぶりのライブ。入口では検温と消毒、客席は3分の1に入場を制限されていた。

声を出すのも禁止。それでも800人の熱気が…

最新作「Donuts Mind If I Do」。自分にご褒美を、そのままの自分を好きになろう…。生きづらさを感じている人へのメッセージだ。

ユウキ:
自分を愛するっていう意味を込めて作った曲で、そもそも生まれた瞬間から素晴らしいから。生まれた瞬間の100パーセントの自分に戻るみたいな

マナ:
生きてきてつらくて…。社会にもまれて、自分が擦り切れて、30パーセント位の自分になっちゃうと思うから。コロナなんか来てさ、0パーセントになっちゃう人もいると思うから。“頑張るんじゃなくて元に戻る”、それだけでいいんだよって

カナ:
魂まで届くと思う、音楽は。どんどん変わっていくと思うよ、CHAIは

最後に未来に向けた1曲。タイトルは「フューチャー」。

(歌詞)
鼻歌にのせて Are you ready? Are you ready? 迷いはない Follow me! Are you ready? Are you ready? どんな夢をこの先 歌いながら叶えよう?思ってるよりもずっと わたしの世界は広い

“コロナとロック”。さあ来い!私の未来よ!

(東海テレビ)