いわきを代表する冬の味覚「あんこう鍋」

プリップリのアンコウに、あん肝をたっぷりと入れてグツグツと煮込んだ濃厚スープ。
福島・いわき市の冬の味覚「あんこう鍋」。そのおいしさは、「西のフグ鍋」、「東のあんこう鍋」と呼ばれるほど高く評価されている。

冬の代表的鍋料理「あんこう鍋」
この記事の画像(12枚)

福島テレビ・我如古梨乃アナウンサー:
ヤリイカにカンパチ、数多くの冬の味覚が並ぶ中、ひと際目立つのがアンコウです! 迫力がすごいです!

巨大な頭にぬるっとした胴体…見た目のインパクトが抜群!
福島・いわき市内の鮮魚店には、旬を迎えたアンコウがズラリと並んでいた。

鮮魚店にズラリと並んだアンコウ

買い物客:
冬の時期に1回くらいは食べようと思ってます!

大きなアンコウは、まな板に載せるのもやっと。
捨てる部分がなく「経済的な魚」で、身や皮・肝・ヒレ・エラなど全て食べることができ、「あんこうの七つ道具」とも言われている。

捨てる部分のない「あんこうの七つ道具」

最も人気の部位が「あん肝」。この時期は産卵を控え、栄養を蓄えるため、脂が乗って最高の状態。

脂が乗った人気の「あん肝」

お取り寄せ鍋セットで家庭で簡単に…

そして、アンコウのおいしさを堪能できるのが、お取り寄せの鍋セット。

株式会社おのざき・小野崎幸雄社長:
家庭であんこう鍋を作るのは、非常に手間がかかるということで。簡単に、野菜入れて煮込みができるようなあんこう鍋があったらいいなと思って作りました

鍋に入れて煮込むだけで…完成!

福島テレビ・我如古梨乃アナウンサー:
いただきます! プリップリ! 冷凍とは思えないほどプリプリの食感が楽しめますね!

完成したあんこう鍋の味は…

アンコウの切り身に、あん肝がたっぷり入った凝縮みそスープ。どの家庭でも食べやすい味に仕上げている。

アンコウのプリプリとした食感が楽しめる

株式会社おのざき・小野崎幸雄社長:
いわきは、みそと肝をまぜたスープなので、独特の家庭の味があると思うんですけども。そういったものを、いかにうまく一般的に皆さん食べてもらえるように作るかが一番ネックなんですけども、ちょうどうまい具合にできあがりました

スープと相性抜群の米粉麺…雑炊も絶品

お楽しみは、もう1つ。スープと相性抜群の米粉麺。

コシのある米粉麺も楽しみの1つ

福島テレビ・我如古梨乃アナウンサー:
すごいモチモチ! モチモチッっとした食感が濃厚なスープとよく合いますね

さらに最後のおすすめが…溶き卵を入れた「あんこう雑炊」。みそ仕立てのまろやかな雑炊は絶品。

シメにおすすめの「あんこう雑炊」

株式会社おのざき・小野崎幸雄社長:
いわきのソウルフード「あんこう鍋」。特にいわきは、みそと肝をうまく組み合わせたあんこう鍋ですので、ぜひ食べながら、いわきを思い出してほしいと思います

株式会社おのざき・小野崎幸雄社長

いわきを代表する冬の味覚、あんこう鍋。一口食べれば、身も心も温まる。

(福島テレビ)