新型コロナで100年の歴史を持つパリコレにも異変

コロナで苦境に立たされた広島の金型メーカーの新たなる挑戦を紹介する。
その技術が活かされていた意外な場所とはなんと、パリコレだった。

2020年パリ。ここ、ファッションの街でも2020年ある異変が。
新型コロナウイルスの影響を受け、パリコレクションのランウェイを歩いてのショーが中止に。
100年を超える歴史の中で、初の動画配信による発表となった。

この記事の画像(13枚)

2020年9月。富士山の麓で、動画での作品発表に向けて取り組むファッションデザイナー、アンリアレイジ代表・森永邦彦。
最新テクノロジーを積極的に用いた作品は、ファッション界に旋風を巻き起こし、今、世界で最も注目されるデザイナーの1人。

その撮影現場でスタッフが着用しているのが、フェイスシールド。実はこのフェイスシールド、広島の金型メーカーがつくったもの。
その名も、「HIRAX AIR」。 他と一体何が違うのか。

精密加工技術を生かしたフェイスシールド

創業80年を超える平岡工業。
0.01ミリの精度を誇る精密加工技術を生かし、主に自動車部品の金型を製造している。
過去には、マツダスタジアムで展示されているカープ歴代選手のフォトレリーフ製作も行った。

そんな平岡工業が、なぜフェイスシールドを作ろうと思ったのか?

平岡工業 専務取締役・平岡良介さん:
僕らは80年モノづくりをやっているんですけど、その力を使って、何か(コロナの)感染予防に貢献できることがないか、3次元加工のノウハウを応用して、フェイスシールドを作るっていうことが、社会貢献できるんじゃないかということで開発を決めました

平岡さんが、フェイスシールドのフィルムに選んだのは、抗ウイルス機能と抗菌機能を併せ待った日本で唯一の特殊なフィルム。
表面が、無数の銅の粒子を含んだ層でコーティングされており、銅イオンが空気中の水分と反応することで、抗ウイルス・抗菌効果を発揮。
その効果は約10年続くといわれている。

実際に「HIRAX AIR」を感染予防の対策として採用しているのが広島市の長崎病院。

長崎病院センター長・松本康子さん:
私たち医療従事者がコロナに感染してしまうと、不特定多数の人にうつしてしまう。こういう物があると、とても安心できます

抗菌性に加え、さらに平岡さんがこだわったものとは?

平岡工業 専務取締役・平岡良介さん:
フェイスシールド自体は、着けなくて良ければ着けたくない物。デザイン性であったり、フィット性ですよね

その試作品は100を優に超えたという。
試行錯誤の末、完成したのはメガネのように容易に装着でき、シリコンゴムでフィット感を高めるというデザイン。 

そのスタイリッシュなデザインに目を付けたのが、「アンリアレイジ」デザイナー・森永邦彦。

医療従事者だけじゃなく、さまざまな業種も採用

2020年はコロナの影響で動画での作品発表となったパリコレ。
「人を守るファッション」をテーマに掲げ、服には、抗ウイルス加工された生地を使用。
抗菌性と高いデザイン性の両立を目指した。

そんな森永さんが撮影現場で「HIRAX AIR」を採用した理由とは…?

アンリアレイジ デザイナー・森永邦彦さん:
コミュニケーションをすごくしないといけないんですよね。モデルであったり、ヘアメイク、スタイリストであったり。もちろん言葉で伝えていくんですけど、表情で微妙なニュアンスをくみ取っていかないと、ファッションはなかなか成り立っていかない

さらに、モデルにメイクを施すスタッフからも高い評価を受けている。

資生堂トップヘアメイクアップアーティスト・計良宏文さん:
すごい快適ですよ。よく(フェイスシールドを)しながらヘアメイクするんですけど、光の屈折があってゆがんで見えたりするが、(HIRAX AIRは)そういうのを感じない

反射防止機能があるため、他の製品に比べて表情が分かりやすく、コミュニケーションが取りやすい。

中からの視界もご覧のようにクリア。
着けていることを忘れる程の装着感。

配信された完成作品は、国内外問わずさまざまなメディアで取り上げられ、そのパリコレの裏側を支えた「HIRAX AIR」にも注目が集まった。
こうした反響により、現在、アメリカやドバイをはじめとした世界各国から問い合わせが殺到。

ジャンルやカテゴリーを越えた物作りで社会貢献を

これから平岡工業が目指すものとは?

平岡工業 専務取締役・平岡良介さん:
今までは自動車の分野が多かったが、それ以外の分野ともコラボレーションしながら、モノづくりをしていくことができる。今、社会で困っているものとか、こんなものあったらほしいなっていうものを、僕らがつくって提供していく。ジャンルやカテゴリーを越えた中でモノづくりをしていきたい

多方面から注目される、新しいフェイスシールド「HIRAX AIR」。
感染予防の効果はもちろん、さらに、表情を伝えることが大切な、コミュニケーションの場でも活躍することが期待されている。

(テレビ新広島)