「ヘルプマーク」知ってますか? 浸透してない“SOS”

カテゴリ:国内

  • 外見は普通の人でも、実は“援助が必要なこと”を訴えるマーク
  • 認知度が低いため、周囲の理解を得られなかったという体験談が、SNS上で度々話題に
  • 全国共通のマークになったので、より一層の普及が期待される

マークを着けていても「席を譲れ」

赤地に白の十字架とハートが描かれたマークをご存知だろうか?

これは「ヘルプマーク」といって、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲に配慮を必要としていることを知らせるマークだ。

しかし、先日SNS上で、難病を抱えているという若い女性が、ヘルプマークをつけて電車で席に座っていたら高齢者から「席を譲れ」と強く言われた、という投稿が物議を醸した。

「ヘルプマーク」についてはこうした書き込みが度々されているが、マークを作っても認知度が低いと周囲の理解は得られない。

例えば、一般的に電車の優先席は、高齢者や体の不自由な方が優先的に座る場所で、この付近では携帯電話の電源を切るよう促されている。
高齢者や妊婦、松葉杖を使用している方であれば、見た目で判断できるので席を譲りやすいが、内部障害を患っていたり、目に見えないところに病気を抱えている人に対しては、自己申告がない限り、周囲の理解は得づらいだろう。

見た目では判断できないが、気づいてほしい。そんな方々を救済するべく誕生したのが「ヘルプマーク」なのだ。

東京都が作成 実は6年前からあった…

ヘルプマークは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見からは判別できなくとも、援助や補助・配慮を必要としている方々が、周囲の方にその旨をそれとなしに知らせることで、援助を得やすくなるよう、2012年に東京都が作成したマークで、2月5日現在、東京をはじめ19の都道府県で導入されている。

都内では、
・都営地下鉄各駅(押上駅、目黒駅、白金台駅、白金高輪駅、新宿線新宿駅を除く)駅務室、
・都営バス各営業所
・荒川電車営業所
・日暮里・舎人ライナー(日暮里駅、西日暮里駅)駅務室
・ゆりかもめ(新橋駅、豊洲駅)駅務室
・多摩モノレール(多摩センター駅、中央大学・明星大学駅、高幡不動駅、立川南駅、立川北駅、玉川上水駅、上北台駅)駅務室(一部時間帯を除く)
・東京都心身障害者福祉センター(多摩支所を含む)
・都立病院
・公益財団法人東京都保健医療公社の病院
 等の場所でヘルプマークを配布している。

「初めて声をかけてもらった」体験談に共感

まだまだ認知度の低い「ヘルプマーク」だが、少しずつ浸透してきているのか、4月2日に投稿された書き込みは、初めて気づいてもらえてうれしかった、というものだった。

本日、青森駅で「何かお手伝いできることはありませんか?」とお声がけくださった女子高生らしきお方へ。私がこのマークをつけはじめて数年経ちますが、初めて声をかけていただきました。
あなたのおかげで「ヘルプマークをつける意味」が、0から1になりました。
本当にありがとうございました……!

投稿した新坂時深さんに話を聞くと、今回、声をかけてもらった際には、具体的な援助が必要なシーンではなかったが、ヘルプマークを2年間つけていて、声をかけられたのは今回が初めてとのことだった。その時の状況を教えてくれた。

新坂 時深さん:
実際に声をかけていただいた時の状況としては、あまりにもうれしくて最初は「いえ、今は…」で言葉につまり、その後なんとか“初めて声をかけていただけた”こと、“今そうしてお声がけいただいたことが、とてもうれしく幸せである”ということを、伝えさせていただきました。

「ヘルプマーク」を見かけたら…

電車やバスなどでは席を譲ろう
外見では健康に見えていても、疲労が蓄積しやすかったり、吊り革につかまり続けるなど同じ姿勢を保つことが、ひどく困難なケースがあるので席を譲るなどの配慮を。また、外見からは判別できないため、優先席に着席している場合、ヘルプマークの存在を知らない人が不審な眼差しを向けて、ストレスを与えてしまうこともある。

駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮を
交通機関の事故等、突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、立ち上がる・歩く・階段の昇降などの動作が困難な方がいる為、積極的に声をかけるなどの配慮を。

災害時は、安全に避難するための支援を
視覚障害や聴覚障害等の為、状況把握が難しい方、肢体不自由等、自力での迅速な避難が困難な方がいるため、震災や津波などの災害時は安全に避難するための支援が必要。
(東京都福祉保健局ホームページより)

さらなる普及へ…全国共通のマークに

東京都によると、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、外国人観光客にもより分かりやすい案内用図記号とするため、去年7月にJIS(案内用図記号)が改正され、ヘルプマークも追加された。
これにより、ヘルプマークが全国共通のマークになったため、今後、より一層の普及や認知度の向上が期待される。 

ヘルプマークをつけている人にとっては、“気づいてもらえること”そして“声をかけてもらえること”が支えになる。ヘルプマークを知っている誰かが、声をかけることで、ヘルプマークを知らない人が知るきっかけにもつながる。