今、Twitterで「愛情こもった大作」「素敵なばあば」と話題になっている作品をご存知だろうか。

それがこちら!

この記事の画像(12枚)

ばあばがフェルトであいうえお表作ったって持ってきてくれた 昭和の趣きと孫への愛すご、ちょっとした遊び心もある…当たり前だが60個もあんよ…ありがとうばあば

ひらがな一文字ずつが刺繍された“ひらがなカード”が集まった、フェルト製の「あいうえお表」

Twitterに育児絵日記などを投稿している、デザイナー・イラストレーターのキヨ(@kiyomura_2525)さんが投稿したもので、キヨさんのお母さんが3歳の孫娘のため、全て手作りで仕上げたものだという。

“秘密の手紙”など遊び心も

「あ」にはあひる、「い」には椅子、「う」にはうさぎ…などなど、ひらがなに対応したイラストが描かれていて、たとえば「れ」の冷凍庫は、扉を開けると中にアイスクリームが入っているなど、細かなギミックもたくさん。

さらに「わ・を・ん」の行の空きスペースには「おまもり」が縫い付けられていて、中には「文字が読めるようになったら読んでね」と、おばあちゃんからの“秘密の手紙”が入っているという、遊び心も楽しいアイテムだ。

この写真には「愛情と優しさが溢れていて凄くいいですね」「ひらがな覚えてしまった後でも…とっておきたすぎる」「細部までこだわり抜かれた芸術です!!」とコメントが続々。12万件をこえる「いいね」がつくなど、注目の投稿となった(6月2日現在)。

編集部では以前、初孫のためにおばあちゃんが作った手作りの「おままごとセット」を紹介したことがあるが、手間暇かけて作られただろう今回のあいうえお表についても、色々と気になるところ。

さっそく、キヨさんとお母さんにお話を聞くと、愛情たっぷりな制作風景、そして3歳の娘さんらしい反応がわかった。

まずは、素敵なアイテムを手作りした“ばあば”の、キヨさんのお母さんから。

――あいうえお表を手作りしよう!と思ったきっかけは?

50音、数字を覚え始める時期になってきたので、孫が遊びながら楽しく覚える事が出来たらと思い、挑戦しました。


――この“大作”にはどのくらいの時間がかかった?

1ヶ月かな。

「孫の顔を思い浮かべながら…」

――これまでにも手作りのものをプレゼントしてきた?

自己流で子供や孫の服を作ったり、フェルトでクリスマスツリーを作ったりと、孫が喜ぶことは頑張れます。


――あいうえお表を手作りしてみて、どうだった?

子供用のサイズや色など、作り始める前から苦でしたが、作業中は孫の顔を思い浮かべながら、楽しく縫い上げました。達成感も有りました。

「ま」は、えだまめの「ま」。飛び出た豆がかわいい

――たくさんの反響があったことについて…

60過ぎのばぁばが作ったものがこんなに反響が有るとは、反対に恥ずかしい気持ちです。

 

手軽に作れるキットなども販売されているフェルトのあいうえお表だが、それらを参考にしつつ、手作りで仕上げたというばあば。
60種類のカードの中でも特にお気に入りは、孫への手紙を入れられるようにした「おまもり」だそうだ。

続いては、そんな大作をプレゼントされた3歳の娘さんの母親、キヨさんにもお話を聞いた。

――手作りのあいうえお表を見た時、どう思った?

受け取った時は「すごい!」の一言でした。表のイラストも手縫いなのですが、裏面の文字も全て手で縫われていて驚きました。元々手作りのあいうえお表をくれるとは聞いていたのですが、大作すぎて即写真に撮ってツイートしてしまいました。
 

――あいうえお表を見た娘さんはどんな反応を?

娘は「うわー!すごい!」と喜んでいました。すぐ遊び始めて、全部はがし終えたら満足していました。
 

――素敵なプレゼントをもらった娘さんは、どんな子ども?

好きな遊びはパズルや塗り絵、お友達と遊ぶことが大好きで人見知りをあまりしない活発で明るい子です。

「ぬ」のぬいぐるみは手足が動く仕掛け付き

お気に入りは娘も私も「おまもり」

――貰ったあいうえお表は今、どうなっている?

現在リビングの壁に掛けてありますが、娘も飽きたのかあまり遊んでいません…


――どのカードがお気に入り?

お気に入りは娘も私も「おまもり」です(あいうえお関係ない所なんですが…)。 中にばあばからの手紙が入っていてマメだな〜と感心しました、娘も手紙は出したり入れたりちょこちょこ触っています。

飾っておきたいかわいさをもう一度…

――投稿への反響について…

正直ここまでの反響にビビりました…(通知が見たことのない量だったので)。しかし皆さんから頂いたリプや引用がどれも暖かいもので、とても嬉しかったです。


あいうえお表のプレゼントがあることを、事前に聞いていたというキヨさんでも、実際に実物を見て飛び出た感想は「すごい!の一言」だったそうで、プレゼントされた娘さんの驚きと喜びはそれ以上だっただろう。

すでにたくさん遊んだのか、現在はリビングの壁で出番を待っているという“ばあば手作り”のあいうえお表。
おばあちゃんにお母さん、それに娘さん3人全員がお気に入りだという「おまもり」に入った手紙を娘さんが読めるようになったころ、改めてたっぷり込められた愛情に気付くに違いない大作だった。

記事 4296 プライムオンライン編集部

FNNプライムオンラインのオリジナル取材班が、ネットで話題になっている事象や気になる社会問題を独自の視点をまじえて取材しています。