北朝鮮“極超音速ミサイル”の謎  火星8より細い先端、低空飛…

ギャラリー
8時7分頃、北朝鮮の内陸部(慈江道・竜林郡・都陽里)から、弾道ミサイルの可能性があるものを東方向に発射。通常の弾道軌道だとすれば約500km飛翔。(防衛省発表資料・2022年1月5日)
8時7分頃、北朝鮮の内陸部(慈江道・竜林郡・都陽里)から、弾道ミサイルの可能性があるものを東方向に発射。通常の弾道軌道だとすれば約500km飛翔。(防衛省発表資料・2022年1月5日)
「火星8型極超音速ミサイル」(労働新聞・2021年9月29日)
「火星8型極超音速ミサイル」(労働新聞・2021年9月29日)
弾道ミサイルと極超音速ミサイルの飛翔の違い
(米国会計検査院 GAO-19-705SPより)
 
弾道ミサイルと極超音速ミサイルの飛翔の違い (米国会計検査院 GAO-19-705SPより)  
「火星8型極超音速ミサイル」先端部(朝鮮中央テレビ・2021年10月11日)
「火星8型極超音速ミサイル」先端部(朝鮮中央テレビ・2021年10月11日)
1月5日に発射されたミサイル(労働新聞・2022年1月6日)
1月5日に発射されたミサイル(労働新聞・2022年1月6日)
1月5日に発射されたミサイルの移動式発射機(上)(労働新聞・2022年1月6日)
「火星12型中距離弾道ミサイル」の移動式発射機(下)(労働新聞・2017年9月16日)
1月5日に発射されたミサイルの移動式発射機(上)(労働新聞・2022年1月6日) 「火星12型中距離弾道ミサイル」の移動式発射機(下)(労働新聞・2017年9月16日)
「火星8型極超音速ミサイル」(左)(労働新聞・2021年9月29日)
1月5日に発射されたミサイル(右)(労働新聞・2022年1月6日)
「火星8型極超音速ミサイル」(左)(労働新聞・2021年9月29日) 1月5日に発射されたミサイル(右)(労働新聞・2022年1月6日)
「火星8型極超音速ミサイル」(左)(朝鮮中央テレビ・2021年10月11日)
1月5日に発射されたミサイルと同種とみられる弾頭部(右)(朝鮮中央テレビ・2021年10月12日)
「火星8型極超音速ミサイル」(左)(朝鮮中央テレビ・2021年10月11日) 1月5日に発射されたミサイルと同種とみられる弾頭部(右)(朝鮮中央テレビ・2021年10月12日)
1月5日に発射されたミサイルと同種とみられるミサイル(朝鮮中央テレビ・2021年10月12日)
1月5日に発射されたミサイルと同種とみられるミサイル(朝鮮中央テレビ・2021年10月12日)
1月5日に発射されたミサイルの移動式発射機(上)(労働新聞・2022年1月6日)
「火星8型極超音速ミサイル」の移動式発射機(下)(朝鮮中央テレビ・2021年10月11日)
1月5日に発射されたミサイルの移動式発射機(上)(労働新聞・2022年1月6日) 「火星8型極超音速ミサイル」の移動式発射機(下)(朝鮮中央テレビ・2021年10月11日)
MGM-31B パーシングⅡ準中距離弾道ミサイル(米陸軍公式画像)
MGM-31B パーシングⅡ準中距離弾道ミサイル(米陸軍公式画像)
1月7日に開催された日米の外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)
1月7日に開催された日米の外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)
中国のDF-17極超音速滑空体ミサイル(左)
ジルコン極超音速巡航ミサイル(ロシア国防省公式映像 Youtubeより・2021年7月19日)(右)
中国のDF-17極超音速滑空体ミサイル(左) ジルコン極超音速巡航ミサイル(ロシア国防省公式映像 Youtubeより・2021年7月19日)(右)
レイセオン社が研究中の滑空段階での迎撃を目指すGPI迎撃ミサイル案(レイセオン社提供)
レイセオン社が研究中の滑空段階での迎撃を目指すGPI迎撃ミサイル案(レイセオン社提供)
能勢伸之著
能勢伸之著
能勢伸之著
能勢伸之著
8時7分頃、北朝鮮の内陸部(慈江道・竜林郡・都陽里)から、弾道ミサイルの可能性があるものを東方向に発射。通常の弾道軌道だとすれば約500km飛翔。(防衛省発表資料・2022年1月5日)
「火星8型極超音速ミサイル」(労働新聞・2021年9月29日)
弾道ミサイルと極超音速ミサイルの飛翔の違い
(米国会計検査院 GAO-19-705SPより)
 
「火星8型極超音速ミサイル」先端部(朝鮮中央テレビ・2021年10月11日)
1月5日に発射されたミサイル(労働新聞・2022年1月6日)
1月5日に発射されたミサイルの移動式発射機(上)(労働新聞・2022年1月6日)
「火星12型中距離弾道ミサイル」の移動式発射機(下)(労働新聞・2017年9月16日)
「火星8型極超音速ミサイル」(左)(労働新聞・2021年9月29日)
1月5日に発射されたミサイル(右)(労働新聞・2022年1月6日)
「火星8型極超音速ミサイル」(左)(朝鮮中央テレビ・2021年10月11日)
1月5日に発射されたミサイルと同種とみられる弾頭部(右)(朝鮮中央テレビ・2021年10月12日)
1月5日に発射されたミサイルと同種とみられるミサイル(朝鮮中央テレビ・2021年10月12日)
1月5日に発射されたミサイルの移動式発射機(上)(労働新聞・2022年1月6日)
「火星8型極超音速ミサイル」の移動式発射機(下)(朝鮮中央テレビ・2021年10月11日)
MGM-31B パーシングⅡ準中距離弾道ミサイル(米陸軍公式画像)
1月7日に開催された日米の外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)
中国のDF-17極超音速滑空体ミサイル(左)
ジルコン極超音速巡航ミサイル(ロシア国防省公式映像 Youtubeより・2021年7月19日)(右)
レイセオン社が研究中の滑空段階での迎撃を目指すGPI迎撃ミサイル案(レイセオン社提供)
能勢伸之著
能勢伸之著
×