神奈川・横須賀でまた異臭騒ぎ

神奈川県でまた異臭騒ぎが発生、住民に不安が広がっている。

横須賀市で10月26日午前11時ごろから「ガスのにおいがする」という内容の通報が合わせて27件あり、消防が出動した。

この記事の画像(7枚)

周辺で取材を進めると異臭を嗅いだという人が相次いだ。

横須賀市民A:
12時ちょっと前頃ガス臭いなっていう感じはしました。本当にプロパンガスみたいな感じでした。
家のガスが漏れてるのかなと思ったんですけど、確かめてみたら漏れてなかったのでなんかちょっと不安ですよね。

横須賀市民B:
9時前ぐらい、焦げ臭い感じで、結構いろんなところしていた

横須賀市民C:
6時ぐらいですか、朝。生ゴミみたいな、生臭い感じでした。
前はガソリンの臭いとか、焦げた臭いとかしたときはあったんですけど、日によって何か異臭の感じが違うなというのがありました。不安ですね。怖いですね。

横須賀消防局の庁舎内でも消防職員がガスのにおいを感じ周辺の空気を採取。

また直線で約700メートル離れた横須賀市環境管理課の事務室でもガスのにおいがしたことから職員が空気を採取した。

横浜市・金沢区でも

さらに横浜市の金沢区でも異臭に関する情報が相次ぐなど広い範囲にわたって異臭が発生していたことが分かった。

横浜市金沢区の住民:
ガスレンジのガスをひねって火がつかなかったときの都市ガスのにおいとまったく同じような臭いでした。

--どのくらいにおいは続いた?
3分ほどは家の中でも漂ってました。

6月以降、神奈川県内の沿岸部を中心に続いている異臭騒ぎ。今なお発生原因が特定されていないことを受け、国も動き出している。

国も動き出す

黒岩知事と小泉環境相の面会 10月23日

10月23日には神奈川県の黒岩知事が小泉環境大臣と面会した。

神奈川県黒岩知事:
住民の皆さん非常に不安に思っているので、成分はある程度見えてきましたけど、なぜそうなっているのかはわからない。

知事は環境省から大気採取のための機器40台を借り受けたことへの感謝を伝えるとともに、県と国が連携して究明を急ぐ方針で一致した。

原因不明のまま不安が募る異臭騒ぎ。
神奈川県は横須賀市で採取された空気の分析を行い、結果は1週間以内にも分かる見通し。

(「イット!」10月26日放送)

【関連記事】
横須賀できょうも“異臭騒ぎ”…なぜ数分で臭いが消える?木村拓也キャスターが現地で体感した「臭い」
ついに横浜市で”異臭”の採取に成功、分析の結果も判明!度重なる”異臭騒ぎ”の正体とは