秋が深まってきていますが、週末にかけて季節が一気に進み、より寒くなりそうです。北海道では、一足先に冬がやってきた場所がありましたよ。

この記事の画像(8枚)

北海道に訪れた冬の便り

10月14日、北海道の大雪山層雲峡黒岳ロープウェイの七合目(標高約1500m)に雪が積もり、一面銀世界になりました。

標高1000m以上の山では、峠越えをする際に、凍結していたり雪が積もったり、一足早い冬の景色が見られます。

本州で見られた紅葉前線

そして、本州では、秋らしい絶景が見られました。

◆東北地方

宮城県・岩手県・秋田県にまたがる栗駒山では、まるで絨毯のように美しい紅葉が広がっています。今の時期は、冬に移り変わる前に、有終の美を飾るように木々が色づき、美しくなるんです。

◆関東地方

栃木県日光市の金精峠でも、木々が綺麗に色づき始めました。栃木県は、関東で一番最初に紅葉の見頃を迎えると言われています。2020年は、台風が一度も上陸しなかったため、例年と比べてあまり葉が傷んでいないので綺麗な紅葉が期待できそうです。

週末は初冬の寒さに…?

紅葉が綺麗になるということは、冷え込みがかなり強くなるということなんですが、週末にかけて、特に関東地方で一気に気温が下がる見込みです。

東京では、7週連続で週末に雨が降る予報です。

東京の予想最低・最高気温を見てみると、17日(土)には朝の気温が11℃まで下がり、日中も15℃より上がらない見込みです。

さらに、17日(土)の朝は予想気温が9℃〜13℃ぐらいの幅があります。もし9℃まで下がった場合、初冬の寒さになりコートが必要になりそうです。

また、週末にかけては雨が続きそうですが、20日(火)以降はようやく秋晴れがやってきそうです。

週末はかなり冷え込み、初冬の寒さになる可能性があるので、暖かい格好をして、風邪などを引かないようにして下さい。

(とくダネ!『あまダネ!』10月15日放送)