広島と長崎の原爆の破壊力「大きな差がない」

1945年、広島と長崎に投下された原子爆弾。
この2発によって、約21万人の命が奪われた。

この記事の画像(20枚)

それぞれの原爆の爆発力は、原爆資料館によると、広島がTNT火薬16kt(キロトン)、長崎は21ktに相当。
このほかの研究でも、これまで長崎の原爆の破壊力は、広島を大きくしのぐものとされてきた。

ところが今回、その内容を大きく覆す研究結果が新たに発表された。

「はじける石・泡立つ瓦」より
広島の原爆も長崎の原爆も爆発のエネルギーには大きな差がない

本を書いたのは、東京大学の田賀井篤平名誉教授。鉱物学が専門だ。

東京大学・田賀井篤平名誉教授:
広島と長崎が、今まで言われているように1.5倍の差ではなくて、もっと差が少ないと結論を付けた

田賀井名誉教授が根拠としたのが、“石の記憶”。
東京大学には、広島と長崎で被爆した石や瓦140点が大切に保管されている。

これらの資料は、国の原爆調査団の地学班を率いた東京大学の渡辺武男教授のグループが、原爆投下後に現地を調査して集めたもの。

東京大学・田賀井篤平名誉教授:
これは(爆心地)島病院の筋向かいにあった清病院の屋根瓦です

東京大学・田賀井篤平名誉教授:
緑色に緑化して溶けている。この部分、中は全く変化していない。表面だけ変化している。これが原爆の熱線の最大の特徴です

東京大学・田賀井篤平名誉教授:
要するに3,000度ぐらいの温度を1.何秒間ばっと照射すると、中まで溶けない。瓦は、爆心地に近いところでは泡立ってしまう。これは、「蒸発」という現象なんですね。もうちょっといくと溶ける…これは「溶融」という現象。もうちょっと遠くへ行くと、何も起こらない。それが、うまく距離と整合性があるようにサンプルが取れれば、原爆のエネルギーを地点・地点で一番追っかけていくことができる。それが鉱物なり、石の一番の利点なわけです

爆心地から採取地点の距離に「大きな間違い」

原爆調査を行った渡辺教授のフィールドノート。
石や瓦を採集した場所や爆心地からの距離、被爆の状態など当時の状況が、くわしく記録してある。

渡辺教授は、このフィールドノートをもとに原爆被害の報告書をまとめた。
広島原爆戦災誌には、その報告書をもとに「瓦は爆央から半径600メートルの円内では表面が溶融して泡立ちを示していた」と書かれている。
瓦が溶ける距離は600メートル以内と結論付けられた。

ところが、田賀井名誉教授が10年を費やしてフィールドノートを見直したところ、あることに気付いた。

東京大学・田賀井篤平名誉教授:
どこまで瓦が溶け、どこまで花こう岩がはじけているか。この2つに絞って渡辺先生の調査をもういっぺん繰り返してみたんです

東京大学・田賀井篤平名誉教授:
われわれも現地に行って、渡辺先生のノートをもういっぺん見ていくと、何か今まで言われたことより違っていた。しかも原稿を見てみると、先生間違っていた。距離がですね。どうして間違ったかわからない。長崎は間違ってないんですけど、広島は非常に大きな間違いをしている

渡辺教授による報告書の下書き。
県庁前で採取した瓦は爆心地からの距離580メートル、「極めて軽微な瓦の熔融」、師団司令部で採取した瓦は爆心地からの距離600メートル、「瓦に多少の焼け」と記されている。

東京大学・田賀井篤平名誉教授:
県庁前なんですが、そこを580メートルと書いて計算してあるが、実は県庁は850メートルなんですね。距離が違う。それから師団司令部600メートルと書いて、これが800メートルなんです。そうすると850メートルや810メートルというので瓦が溶融している、その限界であるということから、今まで言われている600メートルというのは少し違うんじゃないかと

熱線で刻まれた“石の記憶”が新たな結論の証拠に

東京大学に保管されている、その師団司令部の瓦。
被爆した表面を拡大してみると、細かいガラスの粒があり、瓦が溶けていることがわかる。

東京大学・田賀井篤平名誉教授:
広島の瓦の熔融の限界というのが、500メートルとか600メートルではなく、800メートルから850メートルに及ぶということが、どうも確からしいと。長崎は1,000メートル。この限界を決めれば、あとは自動的に広島と長崎の原爆のエネルギーの比が出る。大体、両方とも20ktプラスマイナス、やや長崎が強いというのが、私の計算の結果なんですね

東京大学・田賀井篤平名誉教授:
今まで考えられているような1.5倍よりも、はるかに広島と長崎の原爆のエネルギーの差が小さかった

田賀井名誉教授は、瓦以外に花こう岩も調査し、今回の結論の裏付けを行った。
爆発地点の高度は、広島の600メートルに対して、長崎は500メートル。
破壊力の違いは、高度の差が引き起こしたと考えている。

東京大学・田賀井篤平名誉教授:
もう1つ重要なことは、今まで広島でも長崎でも熱線の照射時間というのは、誰も計算していない。爆発後、約3秒間に一挙に放出されたといわれている。その根拠はどこにもない。瓦の溶融の具合から計算してみると、熱線の照射時間というのは1.5秒程度であったであろうというのが今回の結果です

被爆から75年。熱線によって刻まれた“石の記憶”が今、新たな結論への確かな証拠としてよみがえった。

東京大学・田賀井篤平名誉教授:
石や瓦には、被爆直後の記録が残っています。新しい手法が開発されれば、また別の情報を引き出すことができます。研究の材料として永遠に保存しておく価値があります

(テレビ新広島)