客「予想よりよかった」…ステイホームで買取り依頼が急増

今、金の価格が高騰している。理由は、新型コロナなどによる世界的な情勢の不安から「安全資産」として買い求める人が増えているためだ。金をお金にかえる人で賑わっている買取所を取材した。

この記事の画像(16枚)

名古屋に本社を置く「コメ兵」の買取品が集まる商品センター。

コロナの影響で自宅で過ごす時間が多くなり、いらないものを売ろうという人が増え、宅配買取りの件数が4~5月は2019年の1.4倍に増えた。

全国から届く買取り依頼品は、毎日段ボールで60箱以上。衣替えの時期も重なり、増加している。中でも今、査定の依頼が増えているのが金製品だ。

コメ兵の鑑定士:
金相場の高騰もありまして、問い合わせも多くなっていまして、実際にお持ちいただく数も増えております

名古屋駅前のタカシマヤゲートタワーモールで10月18日まで期間限定で開催されている「コメ兵買取イベント」。早速、一人の女性客がやって来た。

査定を依頼した女性:
18金とダイヤがちょっと付いていて。今、金が高いと言われているので。独身時代に買ったりして、段々年齢も合わなくなったので、捨てるよりはいいかなと

この女性は10年ほど前に約2万円で購入し、出番が無くなった18金のピアスなど、4点を持ち込んだ。査定時間は30分ほど。買い物ついでに利用できるのも便利だ。

コメ兵の鑑定士:
18金とダイヤモンドのピアス。こちらは4000円です。合わせまして6000円です

依頼した女性は価格に納得し、買取りをしてもらうことに。

同女性:
予想より良かったです。次のアクセサリーを買う足しにしようかなと思います

20年前の6倍に…空前の金高騰

空前の金の高騰。2000年は金1グラム当たりの小売価格は1014円だったが、2020年8月には7000円を超え、40年ぶりの高値を更新。10月1日現在は6390円とピークは過ぎたが、それでも20年前の6倍という高値となっている。

金が高騰している理由は、長引く新型コロナや、アメリカと中国の関係の悪化など景気の不透明感が強まる中、金が「安全資産」と見直されているためだ。

コメ兵の担当者:
コロナの影響もあると思いますが、(投資家の中には)まだまだ金が高騰していくと話す方も多いです

この日、買取イベントにやって来た人の大半が、このチャンスを逃すまいと金製品を持ち込んだ。

続いてやってきた女性は、金が高騰していた40年程前に購入した、金のネックレス2本と指輪2個。

査定を依頼した女性:
若いころに集めるのが趣味で、結構買った時代もあったので。今は身に着けないものですから

鑑定士:
こちらはダイヤよりも、金がメインの価格になりますが、1万2500円。こちらが一番重いです。10万3600円という価格になっております

同女性:
買った時より高いような気がする

買取価格は、全部で22万3400円に。コロナ断捨離のつもりが、思わぬ収入になった。

コメ兵の買取イベントでは、片方だけの金のピアス、切れた金のネックレス、金歯、壊れた金時計なども買取可能。

タンスの肥やしが思わぬ高額に…。皆さんの家に眠っている金製品も一度持ち込んでみては?

(東海テレビ)