戦禍で消えた…幻の「TOKYO 1940」

4年に1度行われるオリンピック。しかし、平和の祭典は時として開催の機会を奪われる。

「TOKYO 1940」。
80年前の昭和15年に予定されていたが、戦争のためできなくなったオリンピックだ。幻となったその「東京オリンピック」に出場するはずだった、名古屋の候補選手の思いに迫った。

矢外節子さん。1925年、大正14年の生まれ。2019年4月に93歳でこの世を去った。

次男の治久さん(70)は、生前、節子さんがオリンピックのたびに、「私が何で出られなかったの」「やっていてくれたらな…」と語っていたという。

それは、1964年の東京オリンピックではなく、戦時下の1940年、昭和15年に予定されていた“幻の東京オリンピック”だ。

名古屋市の愛知淑徳高等女学校時代、水泳選手として活躍していた節子さん。2年生の時、自由形200mで2分53秒を記録。全国3位の好タイムだった。

当時、水泳日本は世界の舞台に立つ花形の種目だった。

アジア初のオリンピック決定も…無念の中止

1936年、昭和11年にナチスドイツの統制下で行われたベルリンオリンピック。

この大会では、あの「前畑ガンバレ!」で知られる、名古屋市出身の前畑秀子が参加。日本人女子選手初の金メダルに輝くなど、競泳陣が11個のメダルを獲得。

「水上ニッポンの実力発揮」と、その名を世界にとどろかせた。

矢外さん:
お袋からは前畑さんの話は聞いたことがあります。「私の先輩で前畑さんって人がいたのよ。だからすごく刺激された」と。背中を追ってやっていたところもあると聞いていました

このベルリンオリンピックの直前、もう1つ日本国民を熱狂させるニュースがあった。

「来たぞ!オリムピック!」。

1936年(昭和11年)7月31日、IOC総会の投票で対抗馬のヘルシンキに9票差を付けて日本が勝利。日本初・アジア初のオリンピック開催決定の報せに、国中が歓喜した。

しかし、1937年の盧溝橋事件に端を発し、日中戦争に発展。この軍事衝突で各国からは参加ボイコットなどの動きが強まった。
さらに戦禍での物資や人員の確保を巡り、国内でも開催反対の声が…。

そして1938年(昭和13年)7月、節子さんの東京オリンピックの夢は幻と消えた。

矢外さん:
唯一のそれ(東京大会)が心の支えで、戦争を乗り切れるような、それだけが生きがいで生きていたと。だから中止になったのはすごくつらかったと。青春がそこ(東京大会目標)でずっときているから、「なんでオリンピック出られないの」って

その後、名古屋を襲った空襲。
節子さんが水泳の大会で獲得した数々のメダルや賞状も、すべて灰に。戦況の悪化で競技を続けることさえできなかった。

矢外さん:
戦争の時は名古屋にいたが辛かったって。何しろ辛かったとしか言わなかったですよね。戦争に関しては言うのが嫌だったのかも、子供(私)にも。あまり家の中では戦争の話はしなかったですね

見守った長野での夢舞台…夢が幻と消えてから60年 胸によぎった思い

長野県・白馬村。
45年ほど前、節子さんは治久さんがペンションを始めたのに合わせ、白馬村に移住した。

このペンションには、母・節子さんの水泳への思いが詰まったプールがあった。

矢外さん:
プールです。今はこの地域の防火水槽という。持ちたかったって夢があったみたい。ちゃんとしたプールをね。母の肝入りです

10m×5mの小さなプール。今は使われていないが、涼しい気候の白馬村では珍しいプールに集まってきた地元の子供たちに、泳ぎを手ほどきしていたという。

この白馬で節子さんは、再びオリンピックへの思いで胸を熱くすることになる。
1998年の長野オリンピックだ。

矢外さん:
感激でしょうね、やっぱり。自分も出たかったなと思うでしょうね。現場での盛り上がり方は違いますから。背負いたかっただろうな、このエンブレムをね

東京大会返上から60年後。ジャンプ台脇の応援席で、節子さんは夢の舞台を見守った。そこで胸をよぎった思いとは…

矢外さん:
「私は出たかったのよ。でも幻になっちゃった」という話をしょっちゅうしていました、白馬に来てから。自分のようにならない世界が欲しかったんだと思うんですよ

長野オリンピックの後、反戦を訴える活動を始めた節子さん。90歳を超えても、体を支えてもらいながらも街頭に立ち続けた。

矢外さん:
戦争なんてしちゃいけない。希望も夢も砕くわけですから、そういう世界にならないことを望んで一生懸命。多分(戦争を)許せなかったんだと思います

戦争で失われたもの。日常、たくさんの命、そしてオリンピック…

終戦から75年…。

矢外さん:
悔しかったんでしょうね。だから戦争は嫌だ、戦争がない世界、平和な世界がいいっていうのを死ぬまでやっていたわけですから

※記事内の新聞の画像は、柏書房「都新聞 復刻版」(鶴舞中央図書館所蔵)出典。

(東海テレビ)