コロナに揺れる演劇界…名古屋の老舗劇団「劇座」の“今”

演劇が活発で多くの劇団もある名古屋。
しかし、新型コロナの影響で、劇場で演劇を観ることができなくなっている。名古屋の役者たちの“今”を取材した。

名古屋の劇団「劇座」。
5月20日、新型コロナウイルスの影響で舞台の予定がなくなり、事務所では役者たちが相談していた。

劇団の女性:
アルバイト先から「半分にしてくれ」と言われまして、役者仲間が同じところで社員扱いなんですけど「就職先を探しておいてね」と言われている状況です

劇団の男性:
バイトも休業になっています。自分が懸けてやってきたことが全くできなくなっちゃたという、喪失感みたいなものがものすごくありますよね

「劇座」は今から35年前の1985年、名古屋で旗揚げした。若手を育成する全日制の俳優養成所を持っていた時代もある。

「劇座」の二期生、岡田一彦さん(52)は、高校を出て演劇界に飛び込み、役者を34年続けてきた。

岡田さん:
私たちがやっていることが仕事として認められていないというのはよくあるんですけど、そこがまた難しいんですよね。 難しい仕事をやっているんです、多分

役者が役者だけで食べてはいけない…名古屋の演劇事情

演劇の場合、公演の2か月前には稽古を始め、本番が近づくと、5日は仕事を休むことになる。

岡田さんは週に2日、カプセルホテルやスパなどを展開するリラクゼーションの会社で働いている。
岡田さんは、ありがたい職場だと話す。

同僚の女性:
お芝居の時は(岡田さんは)全然違いますので、役者さんなんだなって、お芝居が好きなんだなって思って、いつも拝見しています

「劇座」の6月公演は、新型コロナウイルスの影響で無期限延期になった。
岡田さんはこの先、劇団をどうしたらいいのか悩んでいた。

岡田さん:
今、答えは出ていないです、今この段階では。どうやっていったらいいのか僕にもわからないですね。「劇座」をなくさないでほしい、もっともっと活動して活躍してほしいと、ついこの前 言われたばかりです。自分はまだまだだと思っていますけど、「劇座」はちゃんと芝居ができる劇団だと思ってくださっている

劇団の経営はいつも綱渡り16年前には解散の危機も

2019年4月、経費節減のため「劇座」は事務所を移転したばかりだった。家賃は半分になった。

5月27日、久しぶりに座長夫妻の天野鎮雄さん(84)と山田昌さん(90)が事務所に。名古屋演劇界の重鎮だ。

役者の心得も劇団運営の難しさも、岡田さんは2人に教えられてきたという。

16年前の2004年、「劇座」は経営危機を経験していた。

【2004年当時】

劇団の男性:
今こういう経営が苦しい状態で、このまま消えていってしまっては、もう完全な敗北なので

別の男性:
また、そういう強い劇団にできるのならそうしたいなと

岡田さん:
もう少し活発にしていかなきゃいけないということ。つまり、ここだけでやってる

天野さん:
僕に従っていたら、なくなるよね、劇団は。具体的なアイディアがあればね、それで二重丸ですよ。言うだけでは話にならん

ノーギャラで出演し続ける座長、アルバイトで食いつなぐ仲間たち…劇団はそれぞれの熱意で、荒波を乗り越えてきた。

コロナ危機の中、“演劇の火”を灯し続けるためにできること…

6月になり劇場の自粛が緩和されたが、まだ客席の定員制限もあるなど、劇座は公演に踏み切れない状況が続いていた。

危機の中、「劇座」はしばらくの間、満席の劇場を夢見て動画で活動を紹介することに。

創立35年の劇団「劇座」の動画は「GEKIZAでShow」で検索できる。

(東海テレビ)