普段は温厚な人でも…

普段は全く怒らないような温厚な人っていますよね。

そんな人でも、ふとしたきっかけでいきなり怒る事も…

様々な要因がありますが、その人自身のストレスコーピングと、周りのサポートのバランスも重要となります。

【記事を見る】路上で妻を…普段は物静かで温厚な性格だったのになぜ?

温厚って英語でなんて言うの?

この記事の画像(4枚)

普段は物静かで温厚な性格
He is usually a quiet and calm man.


【解説】
ここでは「温厚な」と言う表現に、
calm (穏やかな・落ち着いた) を使用します。

同じ意味でwarm (温かい) を使って、
with a warm personality (温厚な性格) のようにも表現できます。

ほかにも、
have (has) a gentle character (優しい/温和な性格をしている) や、
mild-mannered (物腰の柔らかい) も使えます。

ちなみに、温厚な人が突然怒り出したことなどを表現する時は、
the guy suddenly snapped at me (その人はいきなり私にキレた)のように、
snap at (かみつく・きつく当たる) などが使えます。

「キレる」を使った例文もチェック!

【例文】
歳をとるとキレやすくなるのは、老化によって脳の前頭葉が衰え、理性的なブレーキをかける機能が働かなくなるからです。
Aging may cause us easily to snap at someone due to deterioration of the frontal lobe function, which makes our emotions uncontrollable.


若い時は、理性的に抑えられたことが、歳をとると我慢できなくなるんですね。

それでは次回も Let's English!
(連載「コレ英語で言えますか?」第88回 / 毎週土曜更新)

「コレ英語で言えますか?」すべての記事を見る