生態に謎が多く、珍しい深海のクラゲが、高知・室戸市の沖合で見つかった。捕まえたのは、地元の漁師で海の生物の調査活動を続けているチーム。生きたまま採取に成功したのは四国初だという。

「竪琴」に似ている?深海のクラゲを捕獲

ウサギの顔のような形をしたピンク色の生き物。先端からは白い糸が出ている。

まるでウサギの顔のような見た目
まるでウサギの顔のような見た目
この記事の画像(6枚)

この生物は「コトクラゲ」と呼ばれ、楽器の「竪琴」に似ていることから名前がついた。
コトクラゲは、深海のサンゴや岩などに付着するクラゲの一種。体長は15cmほどで、体の端から出す2本の触手で海中のプランクトンを捕まえる。

コトクラゲが見つかったのは、室戸市近海の水深140メートル付近。地元の漁師で、海の生物の調査活動を続けている松尾拓哉さんのチームが、2022年12月に無人探査機を使って、傷つけることなく捕獲に成功した。

生きたまま見つかったのは全国でも数例しか報告がなく、四国では初めてだ。

謎が多い生態の解明に期待

捕獲されたのは2匹で、1匹は茨城県の大洗水族館で展示、もう1匹は高知・大月町の黒潮生物研究所で飼育されている。

黒潮生物研究所・戸篠祥主任研究員:
漂っているクラゲたちが、いかに深海の海底に住むようになったのか、コトクラゲを調べることでその謎が解明されるのでは

研究所では今後、解剖をして体の構造を調べるという。

(高知さんさんテレビ)