動物たちもその行動のひとつひとつに、性格が表れている…。そう感じさせる猫ちゃんたちの“イタズラへのリアクション”が、TikTokに投稿されている。

2匹の猫、女の子の「うずら」ちゃんと、男の子の「メイプル」くんの飼い主さん(@niwanoashiato)が投稿した動画がこちら。

この記事の画像(24枚)

ある日、飼い主さんは2匹への“イタズラ”を考え、黒猫のフリー素材写真を印刷して両目をペンで描き足して「紙製の猫の顔」を作成。これを部屋の入り口からひょっこり覗かせ、うずらちゃんとメイプルくんの反応を見ようとしたのだ。

“紙猫”はなかなかリアルな仕上がりで、そこに本物の猫がいるかのよう。

まず近寄ってきたのはうずらちゃん。しっぽをピンと立ててフリーズし、その後、恐る恐るといった感じでゆっくりと近寄っていったものの、しっぽを大きく膨らませて、かなりの警戒態勢だ。

慎重に近寄るうずらちゃん
慎重に近寄るうずらちゃん

一方でメイプルくんは、画面右から現れるとスタスタと近寄っていく。飼い主さんがあてた「ただの紙じゃん」というセリフそのままに、匂いを嗅ぎ始めた。

スタスタと近寄るメイプルくん
スタスタと近寄るメイプルくん

怪しい猫の登場に警戒心マックスのうずらちゃんと、全く動じないメイプルくん。

2匹の反応の差がはっきり出た結果に「なんか2匹の反応が正反対すぎてわろた」「性格が出るんかなw」「猫って、凄く個性あるよね」とコメントが続々寄せられ、10万件を超える「いいね」がつく人気の動画となった(12月1日現在)。

このリアクションの差には、コメントにもあったように、2匹の性格が反映されているのだろうか? 飼い主さんにお話を聞いてみた。

紙の猫を「2Dだと見抜いていた」

――2匹のプロフィールを教えて

うずら:メス、7歳、雑種。
「天真爛漫」という言葉を絵に描いたような性格で、元気いっぱい、好奇心旺盛、ピュア、素直、食いしん坊、ぴょんぴょん飛び回る物語のヒロインのような(?)女の子です。毎日瞳をキラキラとさせて、瞬間瞬間を活き活きと生きていると言うか。

チャームポイントは後頭部のV字模様でしょうか。TikTokの視聴者さんで「リボンみたい」と言ってくださった方がいて、なるほどと思いました。 

おもちゃを絶対に離したくないうずらちゃん
おもちゃを絶対に離したくないうずらちゃん

メイプル:オス、15歳、ラグドール。
素直になりきれない、少々複雑さを持った性格です(笑)普通の猫よりも人間らしいと言いますか、感情が豊かで、しかも引きずるタイプです。表現が難しいのですが、中二病みたいな感じ。

運動神経もあまりなく、水を飲むのもご飯を食べるのも下手でどんくさめ。でも「自分が1番すごい」と思っていそう。そんなところが全て堪らなく愛おしいです。

チャームポイントは前足の白いミトン。たまにする中二病みたいな目つきから水晶玉のような目つきまで、表情豊かな百面相なところ。

お水を飲むのがちょっと下手?なメイプルくん
お水を飲むのがちょっと下手?なメイプルくん

――紙で作った猫を2匹の前に出してみる…このアイデアはどこから?

おそらくはTikTokで海外の方がやっていらっしゃったのを見たことがきっかけだとは思いますが、それ以前にも他で見たことがあると思います。実行に移すときは「ありきたりなアイデアだけどやってみるか」くらいの軽い気持ちでした。 


――2匹の反応を見てどう思った?

飼い主としては、割と予想通りの反応でした。
例えば、YouTubeに「猫をじゃらすための動画」などがあるのですが、うずらはそれに夢中になるのに対し、メイプルはほとんど関心を持ちません(「2Dである」と見抜いている感じがします)

うずらは、仔猫の時ですが、私が着ていた猫のプリントのTシャツに「シャー!」と言ったこともあります。 また、メイプルはうずら以外の他の猫を見たことがあるのに対し(保護施設で他の猫と同じケージで過ごしていました)、うずらはメイプル以外の他の猫と接したことがないので、もしかしたらそれも関係あるのかもしれません。

追いかけっこで遊ぶ2匹
追いかけっこで遊ぶ2匹

――動画への反響、どう思った?

正直、アップロードするか迷うくらい「再生されないだろう」と思っていた動画でしたので驚きでした。幼少期からずっと猫を飼っている身としては、しっぽが膨れるなどの現象はさほど珍しいと思っておらず…。たくさんの再生、コメントに感謝です。

いただいたコメントに「うずらの脚が長い/菜々緒さんのように長い」というものが複数あり、今まで思ったことがなかったので新鮮でした。うちの子、脚長いのか、と(笑)。角度によるものもあるのかもしれませんが。

「こういうパターンもやってみて!」というご要望もあり、やってみたい気持ちはあるものの、あの仕掛け自体に猫たちが慣れてしまっている感もあるので、1番最初のような反応はもう見られないのではないか、とも思っています。

たまに喧嘩もしちゃう2匹
たまに喧嘩もしちゃう2匹

天真爛漫なうずらちゃんと、複雑な性格だというメイプルくん。

一見、元気いっぱいなうずらちゃんの方が、紙で作った猫にも興味津々で近付いていきそうだが、動くものには夢中になるものの、知らない猫を見ると警戒してしまうということで、“紙猫”も本物の猫だと勘違いして、おっかなびっくりに。

一方のメイプルくんは現在15歳だそうだが、うずらちゃんよりも長く、色々な経験を積んできたため「2Dだと見抜く」力がついたのかもしれない。
 

甘え方にも性格の違い

――2匹の性格の違いが出ている!と思ったエピソードは他にもある?

例えば「甘える」に関して、うずらは素直に「抱っこして!」などとおねだりしてくるのですが、メイプルはかなり遠回りだったりマイルールがあったり時間帯縛りがあったり…で複雑です。腕枕(ベッドの中で飼い主の脇にくっついて寝る)に関しては非常に細かいマイルールがあるようです。

ご飯のスタイルの違いも明確です。 うずらは「朝晩2回の一気食い」スタイルですが、メイプルは1日に複数回、ちょこちょこと少量を食べ分けるスタイルです。食欲旺盛なうずらに対し、メイプルは(食欲が)薄いので、うずらはメイプルのごはんを虎視眈々と狙うことになります。メイプルのご飯棚を自力で開ける術を会得してしまったので、今では赤ちゃん用のチャイルドロックを棚に取り付けて阻止しています。 

だっこをおねだりするうずらちゃん
だっこをおねだりするうずらちゃん

ちなみに、「遠回りな甘え方」をするメイプルくんが好きなのは「お家デート」。飼い主さんが後ろからついてきているかどうか上目遣いで確認しつつ家の中を歩き回る…というメイプルくん独自の愛情表現だそうで、飼い主さんは「もちろん毎日お付き合いしています」「お風呂とか玄関とか…とても新鮮なデートスポットです」と話していた。

飼い主さんの腕枕で寝るメイプルくん
飼い主さんの腕枕で寝るメイプルくん

また、猫を飼っている人なら一度はしたことがあるだろう、猫の体に顔を埋めて深呼吸する通称“猫吸い”も、メイプルくんはOKだがうずらちゃんはNG!

うずらちゃんは「女の子らしくきれい好きなためか、猫吸いに対してはドン引き。この世の最汚物でも見ているような顔」をするそうだが、メイプルくんは「その点おおらかなようで、どんなに顔を突っ込まれようと気にも留めていません」だそう。

@niwanoashiato 長毛の子は何度やってもほぼ無反応でした😮意外 #cats #猫 #catsoftiktok ♬ Nutcracker: Dance of the Sugar Plum Fairly(845241) - ogsogs

性格の違いが行動にも表れた、飼い主さんのイタズラ計画。2匹それぞれの個性でこれからも仲良く暮らしていってほしい。

記事 4714 プライムオンライン編集部

FNNプライムオンラインのオリジナル取材班が、ネットで話題になっている事象や気になる社会問題を独自の視点をまじえて取材しています。