航空大手の日本航空は半年間のグループ全体の決算が黒字に転換した。

日本航空が発表した今年4月から9月までの半年間のグループ全体の決算は、営業利益が3億円の黒字と半年間の決算としては3年ぶりの黒字になった。

また7月から9月までの3ヶ月間の決算では最終的な利益が174億円の黒字で、第二四半期単独で見ると2年9ヶ月ぶりの黒字になりました。

水際対策の緩和などを受け日本発着の海外出張や観光需要が徐々に回復してきたことなどが主な理由。