立憲民主党の野田佳彦元首相が25日、BSフジの「プライムニュース」に出演し、安倍元首相の追悼演説について、「相当プレッシャーを感じていた」と語った。

原稿を練るにあたり、野田氏は、「前内閣総理大臣から見た、当時の総理のエピソードに絞って、自分の思っている安倍晋三像を語るスタンスだった」ことを明かした。

また、演説を終えた後、昭恵氏から「主人も大変喜んでいると思います。原稿は仏壇に供えさせていただきます」と声をかけられ、「ようやく肩の荷が下りたような、ほっとした気持ちになった」と、当時の心境を語った。

野田氏の演説について、岸田首相は自身のツイッターに「野田佳彦元総理の心のこもった追悼演説に感謝申し上げます」と投稿したほか、与野党からも称える声が相次いだ。

野田氏は25日、衆院本会議で行われた追悼演説で、「仇のような政敵」安倍氏との知られざる思い出話などを述べた。

安倍元首相の親族も見守る中、野田氏は「再びこの議場で、あなたと言葉と言葉、魂と魂をぶつけ合い、火花散るような真剣勝負を戦いたかった」とした上で、「勝ちっ放しはないでしょう、安倍さん」などと故人を偲んだ。