9月23日から25日にかけて霧降アイスアリーナ (栃木県日光市)で行われたフィギュアスケート・関東選手権で、女子は吉岡詩果が大会3連覇を達成した。

6つの地方大会と東・西日本選手権を勝ち抜いた選手たちだけが、12月の全日本選手権への出場権を手にすることができる。

関東選手権で東日本選手権への出場権を得たシニア・ジュニアの選手たち、そして全日本選手権を決めたノービスの選手を特集する。

【シニア女子】

この記事の画像(12枚)

シニア男子のエントリーが無かった関東選手権。女子では吉岡詩果が2位に40点近い差をつけ、大会3連覇を達成した。

昨季は右足の疲労骨折の影響で、全日本選手権出場を逃した吉岡は、2年ぶりの全日本選手権に向け、復活の一歩を踏み出した。

今回も構成を落とした中の試合となったが、ショートでは吉岡らしい伸びやかな滑りを披露。フリーでは、軽やかで可憐な演技で会場を魅了した。

「(足が)痛くなく練習できるようになって、やっぱりスケートって楽しいなと思いながら、練習を重ねられています」

次戦の東日本選手権に向けては、さらなるステップアップを目指す。

「まずは今の構成よりも上げて、ルッツやフリップを今入れてないので、それを入れた構成にして、まとめられるように。
今年は全日本選手権に出場したいっていう気持ちが大きいので、それに向けて1つ1つできることを増やしていって、東日本に臨むことができたらいいなと思います」

去年、悔し涙を流した舞台で、吉岡がどんな戦いを見せてくれるのか、楽しみにしたい。

シニア女子の表彰台(関東選手権)
シニア女子の表彰台(関東選手権)

1 吉岡 詩果(山梨学院大学)156.16点
2 鈴木 珠里(日本体育大学)119.48点
3 清水 愛望(日本体育大学)110.30点
4 中本 有咲(山梨学院大学)103.32点

【ジュニア男子・女子】

ジュニア男子は7名、ジュニア女子は11名が東日本選手権へ進出。

男子では山田琉伸が初優勝を飾った。

1ヶ月前から調子が上がらず、苦戦していたと話す山田は、2週間前からトレーニングも取り入れ、この大会に合わせた。

178cmの長身を活かしたスケールの大きい滑りが魅力。中学生の頃は、身長が伸び続け、体に合わせた演技に苦労していたというが、今はようやく落ち着き、安定感が出てきた。

3回転アクセルや4回転サルコウも練習中という17歳。

「全日本ジュニア選手権で自己ベストを更新したい」

この目標達成のため、東日本選手権で9枚の切符を争う。

ジュニア男子の表彰台(関東選手権)
ジュニア男子の表彰台(関東選手権)

1 山田 琉伸(埼玉栄高校)142.94点
2 大久保 政宗(長野日大高校)116.85点
3 三吉 慶哉(アクアリンクちばSC)113.92点
4 佐々木 陽人(伊勢崎クラブ)113.08点
5 丸山 英希(栃木県スケート連盟)111.16点
6 牧島 瑠依(KOSE新横浜プリンスFSC)111.16点
7 田口 湊音(アクアリンクちばSC)107.25点

女子ではジュニア2年目の千葉美乃花が初優勝。

憧れの選手はアメリカのマライア・ベルという中学3年生。メリハリのある表現力と勢いのある演技で、ショートとフリーともに大きなミスなく大会を終えた。

特に首から背中にかけての動きが美しく、“表現したい”という思いが伝わる演技を見せた。

「練習でたまにミスしてしまうことがあったが、本番でノーミスできて嬉しい」

黒猫のぬいぐるみを抱える千葉
黒猫のぬいぐるみを抱える千葉

試合後は、過去に滑ったプログラム「黒ネコのタンゴ」に合わせて、コーチからプレゼントされた黒猫のぬいぐるみを大切に抱えながら取材に対応。名前は“みけた”で、自身と浅野敬子コーチ・日下匡力(ただお)コーチの頭文字を取って、名付けたという。

「安定させたジャンプとつなぎの振り付け、スケーティングを見てもらいです」

初出場となる東日本選手権では、フリー進出を目指す。

ジュニア女子の表彰台(関東選手権)
ジュニア女子の表彰台(関東選手権)

1 千葉 美乃花(埼玉アイスアリーナFC)127.26点
2 中尾 歩(埼玉アイスアリーナFC)125.30点
3 石田 真綾(埼玉アイスアリーナFC)120.74点
4 入江 美友(Mエイトクラブ)120.73点
5 田邊 桜香(星槎国際横浜)120.40点
6 藤沼 聖空(埼玉アイスアリーナFC)118.60点
7 花田 実優(宇都宮フィギュアC)117.67点
8 永田 桂都(神奈川FSC)114.53点
9 北條 楓(栃木県スケート連盟)113.51点
10 髙橋 舞横浜創英スケート部)108.03点
11 海老根 紗彩(千葉県連)104.94 点

【ノービスA・B、男子・女子】

ノービスA男子は推薦選手の西野太翔、森遼人と5名が全日本ノービスへ、ノービスA女子は5名が全日本ノービスへ進出。

ノービスA男子の表彰台(関東選手権)
ノービスA男子の表彰台(関東選手権)

1 西野 太翔(神奈川FSC)100.52点
2 森 遼人(アクアリンクちばSC)83.91点
3 高橋 健(埼玉アイスアリーナFC)65.57点
4 大林 理人(神奈川FSC)61.56点
5 請田 礼真(神奈川FSC)53.59点
6 岩本 英飛(Mエイトクラブ)52.07点
7 星 奏多(神奈川FSC)49.50点

ノービスA女子(関東選手権)
ノービスA女子(関東選手権)

1 松浦 茉里衣(埼玉アイスアリーナFC)64.82点
2 佐々木 紅春(神奈川FSC)61.20点
3 佐藤 伶香(埼玉アイスアリーナFC)57.86点
4 小川 葉宇(埼玉アイスアリーナFC)55.12点
5 吉田 光沙(KOSE新横浜プリンスFSC)52.29点

ノービスB男子とノービスB女子は、共に5名が全日本ノービスへと進出した。

ノービスB男子の表彰台(関東選手権)
ノービスB男子の表彰台(関東選手権)

1 中條 幹太(神奈川FSC)50.49点
2 坂本 央輔(KOSE新横浜プリンスFSC)49.54点
3 高 旭(アクアリンクちばSC)49.15点
4 武田 龍哉(アクアリンクちばSC)48.87点
5 木村 碧一(埼玉アイスアリーナFC)47.21点

ノービスB女子の表彰台(関東選手権)
ノービスB女子の表彰台(関東選手権)

1 森 成美(埼玉アイスアリーナFC)58.65点
2 山田 怜(埼玉アイスアリーナFC)57.66点
3 松浦 杏奈(埼玉アイスアリーナFC)56.33点
4 古川 心祐(神奈川FSC)55.84点
5 赤塚 友奏(埼玉アイスアリーナFC)54.96点

全日本までの道の詳しい概要はフジスケで!
https://www.fujitv.co.jp/sports/skate/figure/toJPN.html