“犬も食わない”けんかを繰り広げる夫婦を演じた、香取慎吾(45)さんと岸井ゆきの(30)さんが9月24日、公開記念舞台あいさつを行った。

(左から)市井昌秀監督、香取慎吾さん、岸井ゆきのさん
(左から)市井昌秀監督、香取慎吾さん、岸井ゆきのさん
この記事の画像(9枚)

イベントでは自らを「破壊王」と名乗った香取さんだが、会場に登場したフクロウと、恐る恐る距離を詰める一幕もあった。

「破壊王です!」ゲンは担がず、自ら壊す派

9月23日から公開されている映画「犬も食わねどチャーリーは笑う」。ある“ゲン担ぎ”が物語のキーポイントになっているが、香取さんご本人はゲン担ぎについて…

香取慎吾:
“右足から”とか“靴ひもは…”とか、なんとなくルーティンになってきてるなと思ったら、あえて逆(左足)からいって壊す!破壊王ですね(笑)

香取さん自身はゲン担ぎなしのタイプであることを明かした。

フクロウの登場におっかなびっくり

そんな破壊王の前に、夫婦のペット“チャーリー”を演じたフクロウ、マルちゃんも登場!久しぶりの再会に大喜び…かと思いきや、ビミョ~な距離感。

なんともいえない表情の香取さん
なんともいえない表情の香取さん

香取さんは撮影でもあまり近づかなかったそうで、マルちゃんが目を背けた隙に恐る恐るタッチ。なぜかグータッチで背中をなでる香取さん。それに反応してマルちゃんが振り返ると、俊敏に手を引っ込めていた。

目が合わない隙になでなで…
目が合わない隙になでなで…
マルちゃんが振り返ると「ビクッ!」 …とっさに手を引っ込めた
マルちゃんが振り返ると「ビクッ!」 …とっさに手を引っ込めた

かわいらしい一面を見せ、破壊王の名は返上となったようだ。

(「めざましテレビ」9月26日放送分より)