毎日の暮らしに欠かせない冷蔵庫。上手な片づけ方ときれいな状態が長続きするコツを整理収納アドバイザーに聞いた。

冷蔵庫内の全ての食材を取り出す

冷蔵庫にものを詰めすぎると、なかなか冷えないし探す時間もかかってしまう…。

詰めすぎた冷蔵庫 上手に収納するコツは
詰めすぎた冷蔵庫 上手に収納するコツは
この記事の画像(10枚)

そこで、電気代の節約にもなる冷蔵庫の収納術をお伝えする。

教えてもらうのは、重田里奈さん。整理収納アドバイザーや整理収納教育士などの資格を持ち、宮崎や鹿児島で活躍している。

整理収納アドバイザー 重田里奈さん:
一番最初にやるのは、現状を把握するためにものを全部出すこと。ものの買い方の癖や、自分に本当に必要なものかを見極めるためです

実際に冷蔵庫の食材を出してみると、賞味期限が2年以上切れたものやいつ開けたかわからないペットボトル飲料など、必要でないものが見えてくる。

ここで、気になるポイント。整理した状態が長続きする秘訣は?

整理収納アドバイザー 重田里奈さん:
例えば、子どもたちが取りやすいようにしてあげたいとか、自分の家事を楽にしたいなど、しっかりと明確な目的を持つことがリバウンドの予防につながります

収納時は「取りやすさ」を意識して

今度は冷蔵庫に物を収めていく。このとき「在庫管理」ができるように、種類別に見えるところに置くことがポイントだ。

整理収納アドバイザー 重田里奈さん:
収納するときは「取りやすさ」をイメージしてスペースをつくることが大事です

整理収納アドバイザー 重田里奈さん:
例えば、ご家庭によくあるものや必ず置いているものは「定位置」を設けるといいんじゃないかと思います

冷蔵庫を整理することで、買いすぎを防ぐのも節約につながるが、詰め込んだ場合と半分の場合では、年間で約1000円の電気代節約、二酸化炭素の排出削減にもつながるといわれている。

整理収納アドバイザー 重田里奈さん:
私も片づけで人生が変わったので、皆さんにもぜひ体験していただきたいですね

エコにも節約にもなる冷蔵庫のお片付け。まずは、できるところから少しずつ始めてみては?

(テレビ宮崎)