2022年9月23日、いよいよ西九州新幹線が開業する。
メディアや一般向けの試乗会など直前イベントに続き、開業当日は航空自衛隊のブルーインパルスの展示飛行が予定されるなど、長崎、諫早、大村市などの新幹線沿線の自治体では祝賀ムードが盛り上がっている。

西九州新幹線・かもめ
西九州新幹線・かもめ
この記事の画像(13枚)

その一方、ルートから外れたことで、新幹線の恩恵には疑問符がつく県内第二の都市・佐世保市では、在来線の利便性の向上などで将来への活路を見出そうとしている。

“佐世保を通らない新幹線”に街の人は…

JR最西端の駅、JR佐世保駅。毎日、多くの人が通勤や通学などで利用している。県内2番目の人口を誇る佐世保市を通らない新幹線について、市民や利用者に意見を聞いた。

JR最西端の駅・JR佐世保駅
JR最西端の駅・JR佐世保駅

利用客:
県北の場合はあまり関係ないというか、新幹線が通らないからですね

利用客:
こっちから利用することもないので、あまり気にしていないんですけど。長崎との交通の便は良くなるのでいいんじゃないかなと思います

利用客:
九州だと主人の車で旅行できるし、遠くに行くときには飛行機で行くし、特別問題はありません

利用客:
別にありがたいとは、佐世保の方では思わないですね。県内の交通網をもっと便利にしてもらった方が、あちこち自力で行けるとは感じていますけれども

佐世保-博多間に特急「白いかもめ」導入も…短縮はわずか2分

2022年6月にJR九州は、西九州新幹線の開業に伴うJR佐世保線の特急ダイヤの改正を発表した。佐世保-博多間の特急には、現在使われている車両より速度が出る「白いかもめ」と呼ばれた振り子型の車両を導入した。

佐世保-博多間の特急に「白いかもめ」導入
佐世保-博多間の特急に「白いかもめ」導入

それに伴い、長崎県は約14億円をかけてレールなどの線路の工事を実施。本数は今と同じ1日あたり32本で、このうち10本に振り子型の車両が使われる。所要時間は最大で9分の短縮だ。
しかし、9分短縮となるのは博多からの最終列車1本だけだ。
普通列車の行きあいなどの影響で、他の便の所要時間はあまり短縮されず、佐世保市の調査によると、全ての特急列車をあわせた平均所要時間はわずか2分の短縮にすぎない。

地域交通などを話し合う佐世保市議会特別委員会の松尾裕幸委員長は、「新幹線が来ない以上、在来特急の所要時間短縮しかない」と語気を強める。

交通体系整備特別委員会・松尾裕幸委員長:
こっちに新幹線が来ることは100%ない。時間を短縮する、それだけしかない。もう私たちは1秒でも早く着いてほしい

元々、西九州新幹線は佐世保を経由し、終着駅を長崎にするルートが計画されていた。
それを条件に、安全面を懸念された原子力船「むつ」の佐世保港での修理を受け入れ、国策に協力した経緯がある。

原子力船「むつ」
原子力船「むつ」

しかし、旧国鉄の民営化で誕生したJR九州の時代になると、採算面から佐世保を通らない現在の「短絡ルート」で決着した。佐世保市側の強い反対は押し切られた格好だった。

その後、西九州新幹線は車軸の幅を変えて、新幹線と在来線の両方を走ることができる車両「フリーゲージトレイン」の導入が計画された。
このため佐世保市では、佐世保線への乗り入れを「必須条件」として国や県に強く求めていたが、フルーゲージトレインは走行試験で技術上のトラブルが相次いだため、国は開発を断念。佐世保市の期待は、再び裏切られる結果となった。

県北に観光客を!交通系ICカードの導入に「遅い」の声も

佐世保市の朝長市長も、開業後の新幹線の利用について「県北地域は利用することはほとんどない」と否定的な考えを示す一方、観光客の誘致に取り組みたいと述べる。

佐世保市・朝長則男市長:
県北地域もカバーできるような、そういうルートであって欲しいと思っておりましたので、非常に残念な思いはまだ残っている

佐世保市・朝長則男市長
佐世保市・朝長則男市長

観光客誘致については、「新幹線で長崎を訪れた人が、県北に周遊しやすい環境を作ることが大事」「JR大村線やバス、レンタカーなどの2次交通を積極的に活用したい」との考えを示した。

一方、利便性の向上については、2024年度度から佐世保駅などで交通系ICカードが使えるようになる予定だ。

ただ、利用者からは導入が遅いとの声も…

利用者:
結構、観光地なのに、その辺が整備されてないのが疑問なんですけど。早く使えるようになってもらえればと思います

利用者:
今のIT社会では、そういうのは(導入して)当然だと思うんですよ。今まで使えないというのが、ちょっとおかしかった

交通系ICカードは、JR佐世保線の全駅と、JR大村線のハウステンボス駅など19の駅で2024年度に導入される予定だ。

西九州新幹線の県内全体で開業効果を高めるため、佐世保市を含む県北地域には、「蚊帳の外」ではない、積極的な観光客の誘致や、JR佐世保線へのさらなる利便性の向上などの取り組みが求められている。

(テレビ長崎)