ロシア国営テレビの生放送中に反戦プラカードを掲げた元職員の女性に、モスクワの裁判所が11日、自宅軟禁処分を言い渡した。

ロシアメディアなどによりますとロシア国営テレビ「ロシア1」の生放送中に反戦プラカードを掲げた元職員・オフシャンニコワさんについて裁判所が10月9日までの自宅軟禁処分を言い渡した。

自宅軟禁処分を言い渡されたオフシャンニコワさん
自宅軟禁処分を言い渡されたオフシャンニコワさん
この記事の画像(2枚)

オフシャンニコワさんは、7月にモスクワのクレムリン=大統領府の前で、「プーチンは殺人者だ」などと書かれた紙を掲げたことなどで一時拘束され、捜査対象となっていた。

また、オフシャンニコワさんは「ロシア軍の偽情報」=フェイクニュースを流布したとして起訴されていて、今後5年から10年の禁錮刑を科される可能性がある。