近年、オンライン上で出会いを求める人が増えつつある。マッチングアプリやSNSなどオンラインで外国人を装って恋愛感情を抱かせ、金をだまし取る「国際ロマンス詐欺」。

特に中高年が会ったことのない恋人に多額のお金を渡してしまうなど、被害が急増している。その実態を追跡した。

貯金と借金600万円つぎ込む 被害女性が語る巧妙手口

国際ロマンス詐欺の実態を語ってくれたのは、東京都に住むシングルマザーのAさん(44)。マッチングアプリを通じて知り合った相手は、高収入で国際弁護士というアメリカ人の男だった。

この記事の画像(25枚)

Aさん:
写真を見て、優しそうな方だったのと印象もいいのかなって。年収は1500万円以上で国際弁護士の米国人、ウォードと名乗る男です。仕事以外の時間は、ほとんど2人で連絡をしているような。楽しさというか、ワクワク感っていうのがありました

たわいもないやり取りを1週間続け、ようやくAさんはウォードと日本で会う約束をした。だが、会う前日になって突然、約束キャンセルの連絡がきたのだ。

ウォード:
トルコで裁判に出るため会えなくなった。その代わり素敵なプレゼントを君に贈ったよ。僕にとってあなたは特別な人だからね

会えなくなったのは残念だったが、Aさんはトルコからのプレゼントの到着を楽しみに待っていた。しかし、その後、思わぬ展開になった。

ウォード:
プレゼントの輸送にかかる税関代金の支払いが発生した。トルコはインターネット環境が悪いから、パソコンが使えない。僕の銀行口座とか色々伝えるから、あなたのパソコンから代わりに送金してくれないかな?

半信半疑ながら、指示される通り口座のサイトにアクセスし操作すると…。

Aさん:
金額も入れて送金ボタンをピッと押したら、銀行の画面からストップアラームみたいな赤い信号がポンって出てきた。銀行口座がロックした、という画面が出て

自分のせいで口座を凍結させてしまったと誤解しパニックになったAさんに、ウォードは次のように話し、Aさんにお願いをしてきた。

ウォード:
1週間くらいで口座の凍結が解けたら、すぐに返すから立て替えてくれないか?

Aさんは凍結させてしまったという責任を感じ、申し訳ないという気持ちから7500ドル(約80万円)を立て替え、指定された口座に振り込んだ。するとその後、ウォードから領収書が届いた。しかし、その領収書は偽物で、信じてしまうくらい手の込んだものだった。

また銀行口座のサイトも偽物で、実は必ずアラートが出る仕掛けになっていたのだ。

お金を立て替えた日から、ウォードは毎日「愛してるよ」などと愛をささやくようになった。

Aさん:
ウォードからは「帰って来たら日本で会って、将来を共にできるように考えていきたい。愛してるよ」(などというメッセージをもらったり)。「もちろん愛してるよ」って毎晩毎晩言ってきますし。本当の恋人同士のような会話は日常だったので…。互いにお金も色々やりとりしているので、それ以上の自分のプライバシーを見せているから、もうちょっと深い感じっていうか

その後もテロ対策証明書の発行料など、Aさんが金を立て替えることが続いた。その度にウォードはAさんに対し、不信感を抱かせないよう巧みな優しさを見せる。

ウォード:
僕も友人に半分出してもらうように頼んでいるから、残り半分を出して欲しい。口座が戻ったら、必ず返すから

証明書などを見せられ、すべて信じ込んでいたAさん。ウォードへの多額の振り込みは、いつしか将来のために2人で乗り越えなければならない“試練”であるかのように思いこんでしまった。

400万円あった貯金と消費者金融から借りた200万円をつぎ込み、ついにお金が底をついた時、Aさんは不信感を覚え始めウォードを問い詰める。

Aさん:
さすがにおかしいでしょう!

ウォード:
申し訳ない。僕はアメリカ人でもなく、ガーナ人です。詐欺グループの1人で、自分はただただ上の指示通りにメッセージを送っているだけなんだ。グループを抜けると殺されてしまう。でももうこれ以上、あなたから金を取ることはできない

なんと、ウォードと名乗っていた相手はアメリカ人の国際弁護士ではなく、ガーナに住む詐欺グループの末端にいる男だった。

Aさん:
冷静になれば気づくかもしれない。払うのおかしいだろう、怪しいだろうって思うんですけど、当時は感情が入って周りが見えなかった。大金を送金してしまった自分の不甲斐なさを一番引きずっています

大阪府警が日本国内で15人摘発 主犯格は日本人か

こうして恋愛感情をもてあそび金銭をだまし取る「国際ロマンス詐欺」。大阪府警はAさんの被害など、一連の国際ロマンス詐欺事件で日本国内の15人を摘発した。

大阪府警によると、犯罪組織の本体があるのはアフリカ大陸にあるガーナ共和国。SNSを使って日本人に詐欺をしかける役割はガーナ人で、金銭をだまし取る際に登場するのが日本人名義の口座。Aさんが振り込んだ先もこの“日本人口座”だった。

海外に送金する時の厳しいチェックを避けるため、日本人の仲間を用意したとみられる。

こうしてだまし取った金をまとめて受け取っていたのが、国際指名手配されていて現在、ガーナにいるとみられる森川光(モリカワ・ヒカル)容疑者だ。

大阪府警 永峰啓次警部:
犯人側の外国人の被疑者は、「日本人は被害届を出さない、恥ずかしがり屋やから被害届を出さない」と組織の上層部から言われて、犯行に及んだという話もしていました

大阪府警は、このグループによる被害は中高年を中心に男女60人以上、あわせて4億円にのぼるとみている。

会ったことのない恋人にはまり、退職金まで

3000万円をだまし取られた東京都在住のBさん(54)は、大手証券会社で部長職を務めていたエリートサラリーマンだった。

仕事でストレスを抱えていた時、出来心で始めたマッチングアプリで出会ったのは、世界中で金などを採掘する鉱山会社に勤めている、若くて美しいアメリカ人女性のキャサリンだった。

Bさん:
3カ月、4カ月もいろんな話をしていると、他愛もない気持ちが愛情みたいなものにだんだん変わっていく。ある日突然、彼女から切り出されたんですよ

キャサリン:
女性は好きな男性には本音を言ってほしい

Bさん:
僕も好きだ

2人のやり取りは一気に恋愛モードに。「I miss you」とメッセージを送るほど、はまり込んでいた時、キャサリンが突然、「ガーナでの金の採掘プロジェクトに行く」と言い出した。

Bさん:
なぜ会社じゃなくて個人で行くの?

キャサリン:
間違いなくもうかる魅力的な案件だからよ!ガーナでの仕事が終わったら、日本に会いに行くわ

しばらくすると、国際ロマンス詐欺の常とう手段である “トラブル発生”が…。

キャサリン:
労働者が賃上げを要求していて、80万円必要なの。それを払わないと作業が終わらないわ

Bさん:
それで仕事が終わって、日本で会えるなら払うよ。どうやって送ればいいの?

キャサリン:
私のアドバイザーである銀行員のベンから、日本にある入金先について、あなたに連絡が行くようにするわ。ガーナではアメリカ人は口座を持てないから、そういうやり方をするの

Bさんはその時の気持ちを話してくれた。

Bさん:
すごく僕の中で変な話だというふうに思って、自覚あったんですけども。彼女を思う気持ちの方が強かったです

おかしいと思いつつも、ベンの指示通り、見ず知らずの“日本人名義の口座”に振り込んだ。

Bさん:
男として、やっぱり女性から頼られるっていう「しょうがねえな」みたいな。女性を守れる部分があるんだったら、しかも金で解決できるのであればと思いました

知り合ってから2年間でBさんが振り込んだのは3000万円以上。1500万円あった貯金では足りず、銀行からも1500万円借りた。

それでも終わらず、さらにBさんからお金を引き出そうと要求がエスカレートしていった。

キャサリン:
買い手のいるオーストラリアに金を持ち込もうとしたら、ガーナ警察から幼児への違法労働の疑いがかけられて、オーストラリアで金を取り扱えないと言われたの。その疑いを晴らすために、またガーナに戻っての裁判費用が2000万かかるわ

Bさん:
2000万!? もう3000万払っているのに、どこにもそんなお金ないよ

キャサリン:
でもこのビジネスが成功すれば相当の金が入ってくるわ

Bさんは退職金を充てるため、大手証券会社に辞意を伝えるという最終手段に出た。全てを投げ打ってキャサリンとの生活に懸けた直後…。

Bさん:
大阪府警から電話がかかってきたんですよ。最初「何言ってんの?この人」という思いでしたね。全然まったく理解できない。大阪府警から「あなた、詐欺で騙されてますよ」って言われて、ええ!?って。あなた誰ですか、という感じでしたね

キャサリンと信じていた女性の写真は、フィリピン人女優のインスタグラムから盗用したものだった。また、身分証明として送られてきたパスポートなどもすべてが偽物だった。

今や世界的問題に 「人を信じられない」被害者の苦しみ

国際ロマンス詐欺は、コロナ禍の影響もあって世界的な問題となっていて、FBIもサイトや動画で警告している。

FBI警告動画:
ロマンス詐欺師はプロです。純粋で優しくて誠実そうに見えます。緊急や予想外のお金が必要だと言ってきますが、しかし決して会うことはできません

今回、摘発されたグループは氷山の一角にすぎず、被害はまだまだ続く恐れが…。一度だまされれば、失うのはお金だけではない。被害者たちは、詐欺にあったと分かった時の当時の気持ちを話す。

Bさん:
人を信じられないっていうのが、間違いなく失ったものの一つですね。将来に対しての希望を失わせることが一番悪質だと思います

Aさん:
自分自身が防げなかったというか、自己嫌悪に陥ってしまうというか。結局は誰にも相談ができないので、抱え込んでしまう気持ち。恋愛に関しては関わりたくない

コロナ渦で急増するマッチングアプリやSNSなどオンライン上での出会い。寂しさやストレス、恋愛感情につけ込み、巧妙に優しさで相手を操り、気付いたら多額のお金を失っている。

忍び寄る甘い誘惑…。待っているのはとんでもない“現実”かもしれない。

(関西テレビ「報道ランナー」2022年7月14日放送)