2022年7月、12年ぶりの海開きを迎えた海岸がある。東日本大震災の津波で砂浜が流失した、岩手県大槌町の浪板(なみいた)海岸だ。
この日を待ち望んでいた、県唯一のプロサーファーの思いを取材した。

「片寄波」で知られた美しい砂浜…震災で消失

この記事の画像(17枚)

東日本大震災で砂浜が消失していた、大槌町の浪板海岸。大量の砂を投入する再生工事を経て、2022年7月23日、12年ぶりの海開きを迎えた。

最初の土日は天気に恵まれなかったにも関わらず、家族連れなど約200人が来場。この日を待ち望んでいた人たちの笑顔であふれた。
この海開きを、一際特別な思いで迎えた人がいた。県内でただ一人のプロサーファー・杉本浩さん(54)だ。砂浜再生を、誰よりも願ってきた。

プロサーファー・杉本浩さん:
良い光景。やっぱりすごくグッと来る。これを待っていた

杉本さんは、大槌町の隣に位置する釜石市出身で、震災前の2003年から浪板海岸でサーフショップを営んできた。店の隣にはサーフボードの工房もあり、1から製作したり、修理を請け負ったりもしている。

常連客:
愛着あるんだよね、やっぱり

プロサーファー・杉本浩さん:
うれしい、大事にしてくれたら。板って相棒だから

杉本さんが浪板海岸でサーフィンを始めたのは、13歳の時。修行のため19歳で渡米し、23歳でプロサーファーの資格を取得している。

プロサーファー・杉本浩さん:
自分がサーフィンを始めた場所であり、仲間もいて、ここでずっと来たので。だからすごく大切な場所

震災前から、海水浴客やサーファーの間で人気が高かった浪板海岸。地形の影響などから海に返す波がないように見える「片寄波(かたよせなみ)」で知られ、年間の来場者数は3万人に上っていた。

しかし、11年前の東日本大震災がすべてを一変させた。杉本さんのサーフショップも流されてしまい、津波と地盤沈下の影響で、美しい砂浜は消えてしまった。

プロサーファー・杉本浩さん:
ショックですよ。「大丈夫かな」というのが一番大きかった

裸足で歩けない状態…月1回の清掃継続&署名活動 ついに再生工事へ

ショックを受けつつも、杉本さんは震災の3カ月後から砂浜の再生を目指し、地道な取り組みを始めた。仲間を募り、月に1回のビーチクリーン活動を今までずっと続けてきた。

プロサーファー・杉本浩さん:
ガラスがすごかった。だから裸足で歩けない状態だったから、細かいガラスの破片をみんなで取ってもらって

そして震災から5年後の2016年、同じ場所にサーフショップを再建。さらにこの年、地元の人たちとともに砂浜再生工事を求める署名活動を始めた。杉本さん(当時48歳)が「もっと人を呼べる場所になるので、早急にやってもらいたい」と町に提出した署名は、2万1000人分に達した。

杉本さんたちの熱意は、町や県を動かした。2019年から砂浜の工事が始まり、しけの影響などで予定から9カ月遅れたものの、2021年9月、ついに360メートル分の再生が完了した。

ずっと夢に描いてきた光景 新たな夢は

そうして迎えた海開き。久しぶりの海水浴客を迎えるため、杉本さんの店では、津波で被災したレンタル用のサーフボードを再び使えるようにするなど、準備を進めてきた。

そこにはこんな本音も…

プロサーファー・杉本浩さん:
忙しくなることが実は不安。人手が足りなくなるから。それがまた12年ぶりに来たということ

この日は霧がかかりながらも時折日差しが降り注ぎ、多くの人が、浪板海岸で過ごす夏のひと時を満喫していた。杉本さんがこの12年、ずっと夢に描いていた光景だ。

プロサーファー・杉本浩さん:
本当にみんなの力でできた砂浜。本当に汗と全部が入っている砂

ようやく震災前の風景を取り戻した浪板海岸。砂浜の再生という夢を叶えた杉本さんの新たな夢は、この砂浜の魅力をさらに広めることだ。

プロサーファー・杉本浩さん:
ビーチの保全をしつつ、県内でも一番人の入りが良いビーチにしたい

(岩手めんこいテレビ)