日本でトップクラスの人気と知名度を誇る女性アイドルグループ、乃木坂46。グループ唯一の広島県出身メンバー、和田まあやさんに密着した。

「これが私の青春」卒業決めたグループへの想い

広島・福山市で生まれ育った和田まあやさん。2011年に行われたオーディションに合格し、13歳の時に乃木坂46へ加入。結成当初のメンバーである1期生としてグループを牽引してきたが、2022年7月18日に突然、乃木坂46卒業を発表した。

乃木坂46・和田まあやさん:
全部の経験を「乃木坂」でたくさんの時間をみんなと過ごしてきたので、これが私の青春だなと思っています。卒業を決めて、後輩たちに受け継いでいきたいと思うこともたくさんある。残りの時間は、自分自身が年上のメンバーにしてもらった「思いやり」とかをみんなに伝えたいと思う

この記事の画像(10枚)

常に先頭に立ってきた1期生の姿に後輩は…

明るさと楽しさ、そしてパフォーマンス力を兼ね備えた、グループで唯一無二の存在。そして、1期生として全力で駆け抜けてきた和田さんは、グループの後輩たちにとっても大きな存在だ。

乃木坂46・向井葉月さん:
まあやさんとは約5年間 一緒に活動してきて、たくさんのことを教わって、まあやさんのことを思い出すだけで涙が出てきそうなくらい大好きでいい先輩です。最後の全国ツアーが、まあやさんにとってもいいライブにできたらいいなって、後輩みんな思っています

乃木坂46・向井葉月さん

乃木坂46・吉田綾乃クリスティーさん:
本当に太陽みたいな人っていうのが私のイメージで、狙っていなくても場を明るくしてくれるし、ライブの時のパフォーマンスもすごくきれいで…卒業されるのはやっぱり寂しいです

乃木坂46・吉田綾乃クリスティーさん

乃木坂46・佐藤楓さん:
みんなを楽しませる場の空気づくりは、まあやさんにしかできない唯一無二の存在。いなくなったら困ります。やってきたことや感じとってきたことを背中で見せてくれる先輩なので、安心してまあやさんが卒業できるように頼もしい姿を見せたいし、してもらったことを後輩に引き継いでいきたいです

乃木坂46・佐藤楓さん

地元広島での凱旋ライブを迎えて…

7月23日には、2015年以来、7年ぶりに広島で乃木坂46のライブが行われた。

乃木坂46・和田まあやさん:
(地元ライブが)決まった時は本当に嬉しくて、何年ぶりだろうってまず数えて。こんなに来てなかったんだと思って。最後の全国ツアーで広島に来られると思うとすごく嬉しかったし、ちょっと寂しい気持ちもあります。来ちゃったなっていう気持ちです

満員となった広島グリーンアリーナ。和田さんがセンターに立つ楽曲では、会場も一体に。7年ぶりの広島公演は大盛況で幕を閉じた。

乃木坂46・和田まあやさん:
他の会場で今までやってきた記憶を辿ると、広島が一番盛り上がっていました。恥ずかしがり屋の方が多いかなと勝手に思ってたんですけど、みんな伝えたいという気持ちがすごくて、熱かったです。びっくりしました

広島出身のアイドルとして…平和への特別な想い

7月23日と24日の2日間の広島公演終了後、平和公園に和田さんの姿があった。毎年8月6日には、公式ブログで平和へのメッセージを発信するなど、グループ唯一の広島出身メンバーとして、「平和」に関して特別な想いがあるという。

乃木坂46・和田まあやさん:
授業で千羽鶴を作って、平和公園に届けにも来ましたし、毎年8月6日は学校に行って黙祷したりしていたので、私の中でも忘れられない日というのはありますね

中学生の時に上京した和田さんが平和公園を訪れたのは、小学生の時以来。

乃木坂46・和田まあやさん:
より一層、広島の原爆について考えることもできたし、今日平和公園に来て思った気持ちとかをまたブログで書けたらいいな。ちょっとしたことでも、みんなが平和な幸せな気持ちになれるように過ごしてきたいなと思います

グループ卒業を控える中、この先の活動でも和田さんの心の中にある平和の灯が消えることはない。

(テレビ新広島)

記事 411 テレビ新広島

広島の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。