例年にない暑さが続く、2022年の夏。外出も楽しみたいが、連日強い日差しが照り付け、気になるのが"紫外線"だ。そんな中、街中でよく見かけるようになった"日焼け対策"がある。

30代女性:
子どもがいると日傘は難しいので、必ずしている

50代女性:
5年くらい前から使っている。暑いが効果はあると思う

20代女性:
(買ったのは)100均。今まで買った中で、一番涼しい

日傘が使えない時も日焼け対策ができ、少し暑くても効果が期待できる、100円ショップで買えるモノ…。

女性を中心に、世代を問わず人気が高まっている"日焼け対策"。それは"アームカバー"だ。

世代を問わず人気が出ている"アームカバー"
世代を問わず人気が出ている"アームカバー"
この記事の画像(8枚)

ファッションとしての楽しみもある、最新のアームカバー事情を探った。

バリエーション豊富!世代を問わず注目"アームカバー"

1年で最も紫外線が強いのが、7月。札幌の大型雑貨店を訪ねると…。

新崎 真倫 記者:
UV対策用品が沢山ありますが…今年はアームカバーを特に、バリエーション豊富に取り揃えているということです

2022年は特に、アームカバーの売れ行きが好調だ。

東急ハンズ札幌店・佐々木 雄太さん:
(アームカバーが)例年になく売れている。コロナ禍で生産が滞っていたこともあり、品薄状態になっている。
コロナで今まで外出ができなかったので、外に出ようという人が多い

行動制限がなくなり、外出する人が増えたことも人気の理由ではないかという。

また、扱う商品も約50種類と、2021年に比べて2割ほど増えているのだ。

東急ハンズ札幌店・佐々木 雄太さん:
素材が、今まで使ったことのないストッキングのようなものも新しく入り、あまり『つけていない感』が、若年層のおしゃれ向けなのかと思う

最新アイテムは日焼け対策+"肌ざわり"や"接触冷感"

2022年、初めて登場したのがストッキング素材のアームカバー。通気性も良く、まるで素肌のような自然な見え方。どんなスタイルにも合わせられ、夏のファッションを楽しめそうだ。

更に人気なのが、暑い日でも快適に使える接触冷感素材のものだという。

接触冷感素材は「着けている方が涼しく感じるかも」
接触冷感素材は「着けている方が涼しく感じるかも」

新崎 真倫 記者:
肌に触れるとひやっとします。これなら付けている方が涼しく感じるほどです

"日焼け対策"としての効果は本当にあるの?
"日焼け対策"としての効果は本当にあるの?

そのほかにも、シルク素材やリネン素材など、肌触りで選ぶのも良さそうだ。

"紫外線対策"効果は…「美容効果には注意点も」

日常のUV対策や、屋外でのスポーツ時の日焼け対策として、愛用する人が増えているアームカバー。その効果を皮膚科の医師に聞いてみると…。

「紫外線防御効果はとてもいい」。でも、注意点も…
「紫外線防御効果はとてもいい」。でも、注意点も…

札幌皮膚科クリニック・安部 正​敏 院長:
明らかにした方がいいです。腕の紫外線防御には、アームカバーはとてもいい

安部正敏医師は、紫外線防御対策の一つとして、アームカバーの有効性を訴える。

その一方で、注意点もあるという。

札幌皮膚科クリニック・安部 正敏 院長:
皮膚がんの原因となるUVB(中波長の紫外線)は薄いものでも通さないが、しわの原因となる(紫外線)UVAは、アームカバーをしたから100パーセント安心と考えない方がいい。
アームカバーをする前に日焼け止めなどを塗って、その上からアームカバーをするとたいへん効果が出る

出かけたくなる夏、上手な紫外線防御が大切だ。

(北海道文化放送)