愛犬がごはんを急に食べなくなってしまった…。そこで病院に連れて行ったところ、思わず笑ってしまう診断結果が出て話題となっている。

飼い主さん(@uni620_)が「夏バテや熱中症にお気をつけください」との注意喚起と共にTikTokに投稿したのは12秒の動画。

動画に映っているのは、ごはんを前にして飼い主さんを見上げている、ビションフリーゼとトイプードルのMIX・うにちゃん(1歳)だ。なんでも、うにちゃんが急に食べなくなってしまったのだとか。確かに皿の中にはごはんが残っているのが確認でき、表情もどこか悲しそうに見える。

急にごはんを食べなくなった、うにちゃん
急にごはんを食べなくなった、うにちゃん
この記事の画像(23枚)

心配になった飼い主さんは病院へ連れて行くことに。そして、獣医師から告げられた診断結果は…なんと「わがまま」!  「美味しいお肉しか食べたくないらしい」とのことだった。

診断名:わがまま
診断名:わがまま

まさかの診断結果には、安心すると同時に思わず笑ってしまったことだろう。そんな飼い主さんの気持ちをよそに、病院好きだという、うにちゃんの帰りはテンションが高く元気だったという。

帰りはテンション高く、元気!
帰りはテンション高く、元気!

TikTokのコメントでも、「可愛い笑笑笑笑 何事もなくてよかったです」「何か可愛すぎて許せてしまう…笑」と、多くの人が胸をなでおろしていたようだ。

そのほか、中には「病院いったら『仮病』」「診断名『テンション高め』と言われましたw」「病院行ったら、『ヤキモチ』でした」など、過去に自身のペットの驚きの診断結果も多く寄せられており、投稿は22万のいいねがつく反響となっている(7月15日時点)。

食い意地が強いのに…「これはおかしい!」

しかしなぜ、急にごはんを選り好みするようになったのだろうか? そして、その後は“わがまま”をせずに、きちんとごはんを食べているのだろうか?

飼い主さんに話を聞いてみた。


ーー急にごはんを食べなくなってしまったの?

ごはんをいつもどおり飼い犬の前に出すと、くんくんと匂いを嗅ぎ少しだけ口を近づけたあと、尻尾をしゅんと垂れ下げ表情もあからさまに元気がなく、器の前から2、3歩離れ、伏せの体勢になりぐったりしていました。その前に器を持っていくとまた2、3歩離れてぐったりするという繰り返しでした。


ーーその時の心境は?

こんなことは今までになかったことと、最近気温も高いこともあって「これはおかしい!」となりました。

今までは本当に食い意地が強く、落ちているものはなんでも食べようとするし、「ごはん」という単語を聞くだけでおおはしゃぎしていました。なので熱中症になってしまったか、どこか悪いのだと思い、仕事をしている場合じゃないとスケジュール調整して、すぐに病院に行きました。

病院へ行ったうにちゃん 診察台の上
病院へ行ったうにちゃん 診察台の上

ーー病院に向かうときの様子はどうだった?

病院までの道はなんとなくいつもより元気のない感じで。でも、しっかり歩いていました。人や犬が好きなことから病院についたらテンションは上がっていました。病院は先生や看護師さんに構ってもらえるので、もともと飼い犬にとっては大好きな場所です。

獣医師は割と真剣に「これはねぇ、わがままですね」

ーー診断を告げられた時の様子を教えて。

検温や心音のあとは「元気ですねぇ」と言い、問診中は「ん~、そうですか~」といった感じでした。いつからか、他に変わったことはないか、糞尿の様子、おやつは食べるか、食べなかったときにどういう対応をしたか、など聞かれました。

その後、割と真剣に「これはねぇ、わがままですね」とおっしゃって、私が「ええ~」と驚いていると少し笑いながら「よくあるんですよ」と。続けて対処法など教えてもらいました。看護師さんは私と一緒に笑ってくれていました。


ーーちなみに、診断を聞いている時のうにちゃんの様子は?

看護師さんや先生が診察室に入ってくるまでは元気のない顔をしてぐったりしていましたが、お二人が来た瞬間に尻尾を振っており、先生がビスケットの入った瓶を振ると飛びついていました。

看護師さんも笑顔に
看護師さんも笑顔に

ーー診断名「わがまま」を聞いてどう思った?

まったく予想していなかったのですが、点と点がつながった!みたいな感じで、今までのいろいろな行動に納得がいき、すっきりしました。そして、熱中症や病気ではなさそうで安心した気持ち、拍子抜け、という感じでした。

ただ「本当にそれだけなのか?」とほんの少し心配は残っていたのですが、TikTokのコメントで同じような人が多くて、そこで本当に安心したという感じです。

溶けているうにちゃん
溶けているうにちゃん

誕生日のお祝いでちょっとしたお高いごはんをあげていた

ーー何か心当たりはある?

普段からそんなにおやつを与えることはないのですが、先日1歳の誕生日を迎え、2日間ほどごはんをちょっと高いものにし、ケーキ風の食事(じゃがいもやお肉、ブロッコリーでできたもの)を与えました。また、両親が溺愛していることもあり、会うたびにおやつをたくさん与えることは以前から注意しており、それも関係あると思います。

誕生日ケーキ うれしそうなうにちゃん
誕生日ケーキ うれしそうなうにちゃん

ーーうにちゃんはどのような子?

好奇心旺盛・天真爛漫です。人や犬が大好きで、散歩中もすれ違う人みんなに尻尾を振ってなかなか前に進まないほどです。なのでトリミングや病院も大好きです。ドッグランにいっても必ず「あの子元気ね」と周りから聞こえてくるほどにはしゃぎ、目立っています。

うにちゃん
うにちゃん

ーー普段、わがままになることはある?

寝るときはケージに入れるのですが、いつもは「ハウス」というとすぐにケージに戻るのに、まだ自分が遊び足りないというときは、まったく聞こえないフリをし、名前を呼んでも手を叩いて音をたてても、なにしても一切こっちも見ずに知らないフリをします。

他にも、おもちゃなどで遊んでいると「1つではすぐに飽きる」と言っているかのように、投げた物を持ってこず違う物を持ってきて、それを投げるとまたそれを持ってこず、他の物を持って来るといった感じです。

お気に入りのボール
お気に入りのボール

現在は“わがまま治療中”

ーー投稿が話題となっていることに対しては、どう感じている?

私としては驚きの診断結果だったのですが、多くのコメントでよくあることだと知ることができたり、他にもこんなことがありましたなど、犬を飼う上でたくさん知れてうれしかったです。また、こんなふとした出来事が面白かったや癒されたなど言ってもらえて、動画をあげて良かったな~と思います。自分の可愛い飼い犬が多くの人に見てもらえたこともよかったです。


ーーその後、ごはんはしっかり食べてくれているの?

今はまだ“わがまま治療中”という感じです。獣医さんに「犬と人間の我慢比べだから絶対に折れてはいけません」と言われ(TikTokでもそのようなコメントが多かったです)、ふやかしたり、ふりかけをかけるなどの工夫をしながら、なんとかごはんを食べさせています。

プイっと一旦は伏せて食べない姿勢を見せるのですが、放っておくと嫌々食べるといった日々です。

治療中のうにちゃん「食べたくない…」
治療中のうにちゃん「食べたくない…」

うにちゃんがごはんを食べなくなった理由は、誕生日のお祝いで味わった少しお高めの味が忘れられなかったからだった。現在、“治療中”とのことで、飼い主さんが工夫してごはんをあげているという。可愛らしい顔で甘えてくることもあるだろうが、飼い主さんはめげずに治療のために耐えてほしい!

飼い主さんはTikTokの他にもInstagramやYouTubeチャンネル「関西のうにちゃんねる」にて、うにちゃんの日々の可愛らしい様子を公開している。